FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西海岸
えー..

ポケモンわんさか東京の服部です。


今回の訪印では久しぶりに西海岸を走りました。
ccc (2)



インドの西海岸もなかなか雰囲気があって良い感じっす。
ccc (1)



服部


スポンサーサイト
世界遺産に負けないボール(後篇)
ゾウが引っ張っても大丈夫~! な 筆箱 クリシュナのバターボールまでは
我々が関係している墓石工場から3時間とか4時間とかで行けます。
なので日本からお客様がインドに来られた際には
観光でお連れすることが度々ありまして..

もちろん2015年のインドツアーでもしっかりスケジュールに組み込んでおりましたが...
0_201606100925092f1.jpg
(2015 インドツアーにて)


実を言うと南印度洋行はバターボールに負けないくらい..
というかバターボールに圧勝できるほどの「ボール」を知っているのです。

場所はインドが誇る世界の銘石 アーバングレー の採石場。

の近くをプラプラ歩いていると...

こんなのや
1_201606100925113aa.jpg


こんなのを
2_2016061009251260a.jpg



アチコチで見ることができます。

てか...

こいつなんか
3.jpg


難易度的には本家のバターボール以上だと思います。
4_20160610092655fc7.jpg


クリシュナさんもお腹いっぱい..
DSC08147_R.jpg



と言うか..食べきれないほどのボールだらけです。
DSC08144_R.jpg


南印度洋行のスタッフが本家のクリシュナのバターボールを見て
「あっ、ボールね。うん、そうね。大きいね。」的に
冷静過ぎる態度をとりがちなのはこれが理由だったりするわけですが...

皆様にも一度このボールだらけな風景をお見せしたいと思っています。
ただ...アーバングレーの採石場までは我々のベースとなるチェンナイから
夜行列車と車を乗りついで片道20時間ほど...。

ということで好奇心とガッツが大盛りな方は是非ご連絡ください。
場合によっては来年開催予定のインドツアーでも
アーバングレーの採石場を訪問するコースを検討させていただきますっ。


服部



世界遺産に負けないボール(前篇)
南インドには クリシュナのバターボール と呼ばれる世界遺産がございます。
img_0_R.jpg



男前だけど顔色の悪いヒンドゥー教の神様

クリシュナさんが
ytj (2)


子供のころにはアチコチの家からバターをパクってきてしまうほど
バターが大好物だったことからそう呼ばれているようですが...


クリシュナさんはウルトラマン級に大きかったってことでよろしいでしょか?
R0050911_R.jpg
(2015年のインドツアーの時の写真です)


そもそもなんですが...
バターボールってなんすか?
バターをおにぎりみたいにまとめて丸くしたやつ?

僕的には飴以外のイメージがありません。
ytj (1)


まあ、なにはともあれ世界遺産の方のバターボール。
わりときちんと傾斜のある坂の上に絶妙なバランスで立ち続けている
その奇抜な姿はインドでも人気の観光スポットです。

ちなみにその当時の人達がなにをどう思ってやってみたのか知りませんが...
1000年以上前にこのバターボール引っ張らせたことがあったらしいです。

ゾウに

結果、それでもバターボールはびくともせず
僕達は今も1000年以上前と同じ状況でボールを
見ることができているわけですが...

動いちゃったらゾウするつもりだったんだろう。

....。

はい。後篇に続きます。


服部
南印度洋行の南印度旅行2017 ~プロジェクトスタート~
2015年に開催されました「南印度洋行の南印度旅行」を来年の冬に再度開催させていただきます。

とは言え...

まだ、参加人数も行く場所も基本的にはなーんも決まっておりません。

ただチャンクマと言っているのは...

バナナリーフはマストだな..と。

こんな感じのリーフです。
hsfg (4)



前回の訪印時にお店の当りもつけておきました。


こんな感じの店です。
hsfg (2)


メニューの相談もしておきました。


こんな感じのメニューです。
hsfg (1)


スタッフ一同、皆様のご来店をお待ちしております。
hsfg (3)


服部
CHENNAI METRO (チェンナイ メトロ)
珍しく日中早くに仕事が終わりホテルのベットで休んでいると窓の外に
電車が走っているのを見て驚く。
CHENNAI METRO 20160220

チャンクマさんが夕食まで同じ部屋で休んでいたので、いつから稼働し始
めたのかを確認。

すでに8ヵ月前から運行していたとの事。1年前の2月にインドツアーで
来て依頼のインド出張だったので、変わっていくチェンナイを感じれて
少し嬉しいかったです。

電車内を見ると人が疎らだったので再びチャンクマさんに聞くとまだ空港
まで繋がっていないからだよと言われる。

そのうち真夜中に空港について電車乗ってホテル近くまで行くことになる
日が近づくのにドキドキしております。
(出来ればタクシーでホテルに行きたいなぁ~)

市橋B
せっかく本当に行ったのに...
え-...

いや..確かに大変だとは思うし、緊急事態なのは分かりますが...

この状態で車を出さなければいけないほど、大切な用事ってなんなんでしょうか?
dhg_R.jpg


服部です。


「100年に1度」と言われる豪雨で今も大騒ぎの
南インド(南印度洋行もですが...)のタミルナード州に
インドのモディ首相が視察に行った際に...

↓インド政府がツイッターにあげた写真。
fdf.jpg


ウチの画像処理的仕事を担当している勝見の方が上手にできるんじゃないか
くらいのお粗末な合成具合ですが...

案の定やはり速攻でバレまして
非難集中→政府が謝罪 という事態になりました。

もし我々の国の総理大臣が同じ事をしたらインド以上に
袋叩きにあった上にしっかり 落とし前を 責任をとらされることになりそうですが...
なんとなくモディ首相はこのまま謝って済んでしまいそうです。

実際の話、モディ首相は現地にきちんと視察に行っていたらしく..
上の写真も窓に映る景色以外はその時の写真に間違いないみたい。
たぶん関係者の方が「ちょっと外が見難いから直しといてやるか」くらいの
軽い感じで修整して、そのままツイートしてしまったのだと思います。
首相のまわりの方でさえもそんな呑気な感じが
「インドらしいなあ..」と僕は少し笑ってしまいましたが。

ちなみに本当は一昨日から僕もインドにいるはずでしたが
チャンクマに「止めとけ」と言われアッサリ引き下がりました。
実際、感染症とか怖いし。

....。

飛行機に乗っている時の写真どっかにあったかな...?

見つかり次第、加工に入りたいと思います。
「任せてください。インドで僕がバッチリチェックしてきますから!」
と言い切ったお客様のために。

服部
飛べない 飛行機は ただの…
あれから2日経ち、各種メディアもインド大雨災害を取り上げているので皆様もご存知の事だと思いますが



17.jpg

再び、インド(大雨)情報です。





仏像さんも屋上に避難?





13.jpg
バスも完全に水没してます










実は今週末、弊社はインドからお客様をお迎えするわけでしたが、



この大雨で、飛行機が飛べないので

今回の来日はキャンセルするとの連絡

「え~ 

そ~なの

そんなにすごいの」

と、思っていたら







この状態…
11.jpg
飛行機が水泳?




たしかに飛行機が、この状態では

飛べませんね。







(そして、タイトル↑に戻る)

佐藤D


インド人もびっくり
早いものですね、 
入社して一ヶ月が経ちました新人の佐藤Dです。(新人と言ってもおっさんですが)

違った、早いものですね、今年もあっという間に12月。

12月といえば、師走。お寺のご住職もせわしなく走り回る事から、こう呼ばれるらしいのですが,

実際に走り回る姿を巷で見る事はあまり無いと思います…



12月に入り 昨日辺りから、社内がザワザワして上司達があたふた走り回っているので、

「やっぱ、師走なんだな」と心の中で思っていたら、どうやら違うらしいのです。

弊社がメインに取引し、社名にも使わせて頂いております、南インドが今、やばいです。

2.jpg


100年に一度の大雨で、河川の氾濫やら、停電やら、孤立やらで大変な事になっております。
というか、なっているらしです。(現地と連絡を取りたくても、連絡つかないです)
1.jpg


日本でも今年9月、台風の影響で鬼怒川の左岸の堤防が崩れ、

溢れた川の水で多くの人的被害や住宅被害が出た事も、記憶に新しいかと思いますが、

近年の異常気象は、一体どうなっているのでしょう。


一日も早くこの水害が、収まる事を祈るばかりです。

佐藤D


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。