FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

がんばれ、ジム夫!
相棒の鈴木ジム夫と群馬出張中の服部でございます。
R0033105.jpg
(鈴木ジム夫 平成5年生まれ18歳)


朝から・・

ジム夫の右のサイドミラーは非常に「ゆるゆる」で
「微風」程度の風でも簡単に動くようになってしまい・・
右側を走る車の姿ではなく・・ひたすらに内側を・・社内を・・運転中の僕の顔をうつし続けております。
R0033098.jpg

で、癖ってのは簡単に抜けないもので・・

僕は30秒に一度はまったく意味をなさないサイドミラーを見続けてしまっております。

今日は「生涯でもっとも多く鏡にうつる自分の姿を眺めた」記念日になりそうです。

服部
スポンサーサイト



曖昧なものなので
「石」っていうのは自然のものでして...

その石が良さげかどうかっていうのは
これまでに石のブロックや採石場を見てきた経験から
判断をしているところが実は多いのですが..

これはこっちで採れる石であっちの石ではありません。
(○○って石に似てますが実は違います。)

てなことを我々が判断させていただいているのも...ぶっちゃけてしまえば
一つ一つを然るべき機関で然るべき検査をしているわけではなく、
ただこれまでの経験とそれによって培った目で判断させていただいているわけです。

なのでもし流通の根っこの方で誤魔化しをしていた場合に
その誤魔化しを誤魔化しと気づけない人間が間に立ってしまうと...
誤魔化しが誤魔化しで無くなってエンドユーザーに届いてしまうことになります。

悲しいのは...
その間に立つ人間自身は悪いことをしている意識が無いということです。
そりゃそうです。元から本人は誤魔化している気がまったくないのですから。

そんな感じの...
なんとなく曖昧なものを商売のネタにさせていただいているからこそ
我々は1つ1つを正直にやっていかなければいけんなあと思うのです。

で、これからももっともっと根っこの方に関わり
もっともっと深く経験を積んでいかなければいけんなあと思うのです。

R0032594.jpg

本日もよろしくお願いいたします。

㈲南印度洋行 服部
発見してしまいました。
おはようございます。

昨日、中国から帰ってまいりましたが服部でございます。

今回...

ワタクシ....

かなりヤバいものを中国で見つけてしいました。

まさか実在していたとは...




まさかノンフィクションだったとは...






GANTZ球
R0033085.jpg


本日もよろJくをぬがIIします。


服部
黄緑で何が悪い。
オートリクシャーとか
R0032756.jpg



御菓子屋さんとか
R0032574.jpg



選挙ポスターとか
R0032800.jpg




インドに存在するたいていのものに対して...

どうも基本的に



派手なことは良いことだっ!


と考えている感じのするインドの皆様。



先日見かけたこちらの黄緑な建物
R0032635.jpg



見た瞬間に

そこは白だろ!

と思わず日本語でつっこんでしまいました。



ホテルとかお店とかだったら緑だろうが黄色だろうが
僕もさして驚きもしないのですが...

だって...

これ...

病院ですよ。
Imag.jpg



まあね...

「病院の壁を黄緑にして何が悪い?」と言われてしまえば
「はい、なんも悪くないっす。」としか言えないわけですが...

とりあえずタージマハールは白いままにしといていただきたいと思います。

㈲南印度洋行 服部

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

PONGALと春節
1月中旬から2月の初めにかけて

インドではPONGAL(ヒンドゥー教の収穫祭みたいなやつです)が

中国では春節(旧暦の正月)ってのがありまして..

仕事上わりと大切な時期にインドと中国に毎年ガッツリお休みをとられてしまうわけです。



ぶっちゃけ..

毎年



PONGAL無くなれ!

とか

春節どっかに飛んでけ!

と思っておりますが..

合計すると24億人以上の人に怒られそうなので
毎年、心の中で思うだけにしております。


世界中が幸せでありますように。 ピース。

R0032881.jpg

㈲南印度洋行 服部
インドでインド式の広告を作ってもらってみた③
インドでインド式の広告を作ってもらってみた②のつづきでございます。



インドはチェンナイ近郊のとある場所のとある建物の端の方の壁の前で
R0032499.jpg
(↑「ちっ、つまんねーこと考えやがって」と顔で言っているチャンクマ。)

10分ほど...

位置はコンナで、場所はアンナで、大きさはドーでと
ザックリと打ち合わせを済まし..

その後、南インド各地の採石場巡りの旅に出かけ...
チェンナイに再び戻ってきたのが12/31。

その12/31に..

12/22~31までほぼ一緒に行動していたチャンクマが突然言うわけです。
例の壁。できたから明日見に行くべ。」と。

普段、頼みごとをすると
ウサギか亀のどちらかで言うしかないのであれば
間違いなく亀に近い動きをすることの多いインド人。

いくら「仕事ができるインド人」とは言えチャンクマもインド人はインド人。
ましてや一緒に行動してた間には壁の話は
これっぽっちもそれっぽっちも出てきておらず...

「行くべ」といきなり言われても簡単には信用できるもんではないわけで...
とりあえず半信半疑なまま翌日、現場に連行されたわけです。


で。

で、ですね。


いやあ、ビックリです。

出来てました。

しっかりと。ハッキリと。


こちらでございます。
R0032988.jpg




遠くからでもかなり目立ちます。
R0033015.jpg




顔の比率が元デザインと若干違うような気もしますが...
R0033004.jpg
まあ、それもそれでインドらしくて良いでしょう

嬉しくてキャッキャッ言いながら壁の前で写真を撮りまくりつつ大騒ぎしていると
通りがかりのインド人も「何事?」といった感じで立ち止まって我々と一緒に壁を見ておりました。

まあ...
ほとんどの人が「???」な表情で首かしげつつすぐに立ち去ってましたが。

そりゃそうですよね。
一般的インド人が日本の漢字を理解できる方が不思議なわけで。


はいっ?

「じゃあなんでわざわざ広告なんか作ったんだ!」って?


.....。


チャンクマも聞かないでいてくれたことを言うのは
どうぞナシにしてやってください。


本日もよろしくお願いいたします。

R0032990.jpg


南印度洋行 服部(←今日は土曜日当番。)
インドでインド式の広告を作ってもらってみた②
インドでインド式の広告を作ってもらってみた①の続きでございます。




今回のインド出張の初日、突然連れてかれたのはこんな場所。
R0032500.jpg


この壁でいい?」とチャンクマ?

この壁の何が良い?」とスッカリボケている僕。

広告だよ。広告っ。」と
(ヤッパリこいつあん時、思いつきで連絡しやがったな的な顔で)チャンクマ。

えーと。....。あーあーっ!広告ね。広告。うんうん。いいよっ!バッチリ。」と若干慌てつつ僕。

じゃあ、ここに描かせるから。」とアッサリとした感じでチャンクマ。

描くつったって...いくらかかんのよ。」と
自分の財布の中の金でおさまりがつくのか心配しつつ言うと...

お金はいいよ。壁の使用料はタダだし。職人のお金も大したことないから。
ととても素敵なお返事。

実際、インドのあちこちで見られる壁に直塗りの広告は
けっこうキチンとした大会社さんも使うほどメジャーな方法なのですが

R0032982.jpg
(↑携帯電話事業会社のTATA-DOCOMOの広告。)

当然壁の所有者には壁の使用料を払っているわけで..
今回の壁はチャンクマの知り合いの建物の壁だから
そして、ペンキ職人さんの賃金は壁の使用料に比べれば大したことはないらしく..
「金払わんでいいよ」ということのようです。

なんにせよ...

タダ万歳!ということで

早速、職人さんを手配していただきました。

続きます


㈲南印度洋行 服部
インドでインド式の広告を作ってもらってみた①
インドのアチコチで見られる家や工場やお店の壁に直塗りした広告。

R0032618.jpg



以前にも当ブログに書かせていただきましたが、僕はこのペイントアート的な広告方法が好きで..


とても好きで...


非常に好きで....






先日...


思わず....


ウチの会社のマークを描いてくんない?」と
インド側(チャンクマ)にお願いしてみてしまいました。


20100110.jpg
(↑当ブログ出場回数断トツNO1インド人のチャンクマ。)



「てか、大きなポスター作って壁に張った方が綺麗じゃない?」
と当初、チャンクマは言っておりましたが..

「いんや、インド式の直塗りでないと意味がない」
との僕の返事に

{ あっ...また変な病気が始まったわけね }
とどうやらすぐに理解してくれたようで...


「なんで?」

とか

「どうすんの?」

とか

野暮な質問はナシにとりあえず動いてくれる気になったようで...

「....。分かった。どんなの描きたいのか原稿送って。」と言われ

当社専属デザイナーU留野がデザインしたもの↓をメールしておりました。
wall paint


それが確か去年の11月の末ごろ。

...。

正直に言います。

それっきり僕はそんな頼み事をしたことさえ忘れしまっていたわけです。

で、今回のインド出張の初日。

チャンクマにとある場所に連れてかれました。



続きます。

今週もよろしくお願いいたします。

㈲南印度洋行 服部
野狐禅
流れていくインドの風景に

僕的になぜかやけにマッチする日本のバンドがありまして..。

今回の出張中も日本に比べ2.5倍ほど揺れる車の中や
日本に比べ10倍ほど乗車時間の長い電車の中で
ヘビーローテしておりました。


野狐禅(ならば友よ)



この「野狐禅(やこぜん)」って言葉...なんとなく頭に残りませんか?

禅宗の言葉だそうです。
気になる方はどうぞお調べくださいませ。

ちなみに上記のバンドの方の「野狐禅」は
とても残念なことにすでに解散してしまっております。



R0032930.jpg

本日もよろしくお願いいたします。

南印度洋行 服部
只今建設中…
丁場視察の仕事を終え一段落。
車の窓越しからチェンナイの町並みを見ていると…
Hilton 02
Hilton …? …? …?

なんだこの建物はという心で激写
Hilton 01
Hilton 03

2008年からインド国内で急速に建設を進めているようで、
2011年4月にオープンさせる意気込みのようです。

既にホームページも作成されておりました。
チェンナイ ヒルトンホテル

南印度洋行での宿泊は無理として…
将来もしも新婚旅行がインドだったら活用しようかなぁ~と一瞬だけ考え、
建設中のヒルトンホテルを通り過ぎました。


(有)南印度洋行 市橋B

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

開いております。
おはようございます!

今日から事務所は開いておりますが今のところ電話がまったく鳴ってくれず
もしかして事務所の電話が壊れてるんじゃないかと疑い始めている服部でございます。



年末年始をインドで過ごしており..

1/2に帰国しまして..

まず思ったのが...



日本にいるとなかなか気付きにくいことなんですが..







オシュレット万歳。
R0032859.jpg


本日もどうぞよろしくお願いいたします。

㈲南印度洋行 服部
2011年 仕事始め
あけましておめでとうございます。
今年もインドからご挨拶させて頂いている市橋Bです。

社長の服部と1月1日までギッチリ仕事をこなしておりました。
ANDAVARS 01.01-02
[視察丁場の原石を研磨し石目&色目の確認作業]

この日で服部は帰国ということで現地時間20時(日本時間23時30分)に
チェンナイ国際空港まで送り届けお別れ致しました。
服部帰国

インドも1月1日~1月3日までは学校などもお休みで今回もチャンクマさんの
自宅でホームステイさせてもらいながらダラダラ過ごさせて頂きました。
魚市場
[市場でお買いも写真]
(実際は右側で羊&山羊のお肉を買っておりました…。衝撃的過ぎて写真自粛しました。)

今日から丁場視察が始まるので気合を入れなおし頑張ってきます

(有)南印度洋行 市橋B

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

よろしくお願いいたしまくります。
三時間半遅れにて・・


インドでも無事・・


2011年がスタートしました!!


今年も皆様のお役にたてるよう社員一同全力でガツンガツンにいかせていただきます。
本年もよろしく
(↑ガツンガツンな感じのする写真。)




本年もどうぞよろしく願いいたしまくります!!

R0032885.jpg



南印度洋行 服部