FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

from チャオプラヤートランジット to India
こんにちは、インド出張へと旅立った佐藤です。

と言っても毎回おなじみのバンコク地獄のトランジット中を満喫しております。
今回は前回より1時間短く、5時間40分で済みそうで良かったです(^o^)


とりあえず時間をつぶそうとタイマッサージを受けたのですが、
施術する人が咳きをしているのが非常に気になり、
さらに最後にチップを要求され泣く泣く千円を払う羽目になりました。
風邪移されなきゃいいけど・・・

ところでシルバーウィーク最終日の成田はさぞ空いているんだろうと思っていたら、
思った以上にガラ空きでした。。
IMG_1863.jpg

あと2時間ほどあるので、タイ料理を食べながら待つ次第であります。
IMG_1867.jpg


 
スポンサーサイト
南インドからお釈迦様がやってくる ....はず。
えー....

先日インドの提携工場で見かけたアメリカ向のお墓。
5euyuje (2)

おおっ..

この彫刻は...
5euyuje (3)


かなりいいんじゃないのか?
5euyuje (4)



ということで...


↓こちらを
5euyuje (1)
(お釈迦様のつもりです。最初はだいたいこんなもんです。)


インドで制作する計画がスタートしました。


プロデューサーはS様。
20121227 (1)



はい、あの達磨 の時の...

他人がやっていないことが大好物なあの人です。

どうやって洋物の石工さんに和物を彫っていただくか?
どうやってハッキリ納期を言わないインド人に納期を言わせるか?
どうやって見積当初に比べ早くも4倍近くに膨れ上がった金額を圧縮するのか(←競技場かっ)?

すでにクリアしなければならん問題がいくつも出始めており...
これからも大小の波がザッパンザッパンやってくる気配はありまくりですが...

とりあえずSプロデューサーと僕の合言葉は..

達磨にくらべれば大したことねえし」です。

がんばります。

で、続きます

服部
M10丁場の報告
最近のM10丁場をご紹介いたします。
CIMG3708.jpg
CIMG3709.jpg
写真のごとくバッカバッカ採れています。
CIMG3711.jpg
もう一つの赤丸詳細写真。





CIMG3703.jpg
4.5m角ものも多数。
残念ながら、中国向けコンテナーには入り切れずインド国内向けとなります。
いずれにしてもM10は絶好調!
益山記



営業妨害口内炎
えー...

舌に口内炎ができましたが服部です。

krt.jpg


口内炎ができたての初日に北海道に入り一件目のお客様.が..
何の因果か初めてお会いする石材店様。

舌でなければ痛いの我慢するだけなんですが...
舌ですと営業活動に差支えが出てきます。

本日は

本じちゅは

お時間頂戴しまして

お時間ちょうだいちまして

ありがとうございます。

ありがとうごちゃいます。


ずーっとこんな感じ。


ああ...
ご面会いただいたお客様に絶対思われたよなあ...

こいつ滑舌わるっ! って。

でも...

本日はお時間頂戴しましてありがとうございます。
もうお気づきの通り、今私はとても滑舌の悪い話し方をしております。.
でも、実際にはそんなことはなく、いや....どちらかと言えば悪い方に入るかもしれませんが..
.私も声を出してみて驚いてるくらいなのですが...今お聞きのほどには悪くはありません。
その理由としましては今朝、自宅でコーヒーを飲んだ際に痛みがあり
気付いたことなのですが、口内炎ができておりまして...しかもそれがよりによって舌に....

なんて....

言えなかったもんなあ...。



ということで...
本日もそんな滑舌の悪さを上手に隠しつつがんばっていこうと思っておりますので...


よろちくおねがいちまちゅ。

服部
インドの典型的なBARは...
以前に比べればかなり変わってきているとは思いますが
今でもインドでは社会的に「飲酒は悪」とされる雰囲気が残っております。
夜汽車でビールを飲みながら駅弁...なんてことはもちろん許されませんし
酒屋でビールやワインを買ってもたいていの場合は紙袋に入れられ
外から中身がそれと分からない状態で少し大事そうに(←ガラスだからね)
店員さんから渡されるのでなんだか意味なくドキドキさせられます。

高級ホテル内にあるレストランなど以外の店には
アルコール類はほとんど置いてありません。
なので地方都市などに泊まる場合には酒をGETするために
インドのBARに行くしかありません

で、そのBAR。ちょっと僕らの想像するBARとは雰囲気が違います。
地方都市の庶民的なインドのBARに関してはほとんどの場合...

とても暗いです

まあ、明るいライトに照らされたBARって言うのは僕らから見ても
健康的過ぎておかしいと思いますが暗さの質が違います。
雰囲気を出すための暗さではなく単純に本気で暗いのです。
同じBARで飲んでいる人の顔がハッキリ分からないようにするための配慮なのか
なんなのか分かりませんが..同じテーブルの仲間の顔もまともに見えないですし
メニューを渡されても暗くてまともに読めません。

当然そうなると注文した(←チャンクマには文字が読めるみたい)つまみは..

こんな状態で食べることに。
erfe.jpg


「チャンクマ...これ...なに頼んだ?」

「チキンだよ。」

「.....。チャンクマ...これ...チキンの...なに...?」

「えーっと...説明難しいな...とりあえず安全だから食べてみて...」

てな感じでインド人と闇鍋しているような状態になります。

暗いだけでも正直かなり居心地が悪くなるものなのですが..
加えて音楽が大音量でかかっていたりすると
ビールを出された瞬間にガガッと飲みあげて
逃げるように店を後にすることになります。
まわりのインド人は店に入って5分でビールを一気飲みして帰る
日本人を見て驚いているのかもしれませんが
当然その驚いている顔さえ僕には見えません。

インドで日本の居酒屋的なノリの店が出てくるまでには
まだしばらく時間がかかりそうです。

服部

サーキットデビュー
えー...

来年早々に..

いよいよ念願の サーキットデビューします



市橋兄弟も川合も参加します。
4t2.jpg


ママチャリGPの内容を知っている人ほど
「そんな甘いもんじゃない」と言いますが
僕はよく知らないので今のところとても甘く考えています。

服部
マジでカバティ
えー...

皆様は カバディ というインド発祥のスポーツを御存じでしょうか?

左右のエリアに分かれ、攻めのチームの1人が
カバディ.カバディ.カバディ.カバディ....と言い続けている間に
守りのチームの人間の内の誰かにタッチして自陣に戻れればポイントゲット。

t3tt43 (3)


タッチした後に自分を捕まえようと(相手を逃がさないために)お互いに
手を繋ぎながら襲ってくる相手チームの人間達に自陣に戻る前に潰されたら相手にポイント。
敵陣にいる間に息が切れてカバティ.カバティ..が言えなくなったらそれはそれでアウト。

てな感じのルールですが...

いい歳した大人達がお互いに手を繋ぎ、呪文のような言葉をつぶやきながら
タッチしたり逃げたりするので...

日本のTV番組では世界の面白スポーツ特集などで
「インドの鬼ごっこ」的に流されたりして...
僕もどちらかと言えば色物スポーツと思っておりましたが...


インドでは男女ともにプロリーグがあるほど人気のスポーツです。
t3tt43 (1)


実際、TVで放映されているものを眺めてみるとマッチョなお兄さんやお姉さん達が
t3tt43 (5)


タックルかましたり、自陣にジャンピングレシーブ的に飛び込んだり
相手を脚で蹴るようにしてタッチしたり...格闘技の雰囲気が強く
かなりエキサイティングでルールも分かりやすく飽きずに見れます。
t3tt43 (2)


これはいい酒の肴になるなあ..と思ってたら


インドのスポーツBAR的なところでもきちんと放映されていました。
t3tt43 (4)


日本でも本気できちんとカバティしたらけっこう盛り上がるんじゃないかと思います。

プロレスラーさんとかがカバディの団体作ったら面白いかも。

服部
日本土産
えー...

服部です。
RIMG0239_R.jpg
(↑石屋さんの街、崇武の女性の民族衣装。)

最近、中国出張の際にお土産的に持って行くものがございまして...

それをある崇武の石材工場さんが工員さんの食事に使ってくれました。
IMG_6879_R.jpg



はい、みんな大好きカレーでございます。
IMG_6880_R.jpg


ちなみに今回、僕が持って行ったのはこれ↓。
RIMG0391_R.jpg


カレーのルーは中国でも買えるらしいのですが
日本から持ってきたやつの方が美味しいと彼らは言ってくれております。

工員さんの家族も参加してワイワイやってくれたみたい。
IMG_6867_R.jpg


中華鍋でカレーを作っているのも少し違和感がありましたが...

それよりなにより中国から送られてきたこれらの写真を見た瞬間に「なんか変」な感じがしました。

が...

すぐに理由がわかりました。
IMG_6862_R.jpg



カレーを箸で食べてるからですね。
IMG_6864_R.jpg


今度はスプーンも持参するか。


服部(←今日の昼はココイチ{5辛}で決定。)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。