fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

僕にはユーメンと聞こえる食べ物
日、月、火と 2泊3日で1人弾丸中国ツアーを決行しました。

1日目 5時起床(実は意外と東京に近い川崎にて)
2日目 4時30分起床(福建省の田舎方面の崇武にて)
3日目 4時30分起床(福建省の都会方面の厦門にて)

なんだか中国にいようが日本にいようが関係なく
明るい農村的な生活をし続けておりますが
目が覚めるのだから仕方がない服部です。



ここ15年ほど年に数回のペースで中国の福建省には通っており
ぶっちゃけ僕的には福建省より熱海もしくは表参道近辺の方が
むしろ心が躍るくらいなわけですが...

なぜかここ1年ほどで急激に大好物になってしまったのが

これ↓。
Image2_20111208083341.jpg


ユーメン

いや、夏にツルツルっとやるやつはソーメンですので、その辺は
お間違いくださらないようよろしくお願いいたします。

はい? 違います。ユーミンじゃないです。
その人は「はぁーるーよぉ~」とか歌い上げる人です。

え?いや、それも違います。
ヨーメンっはだダボっとしたズボンはいた人達の挨拶です。


....。

まあ、とにかく僕にはユーメンと聞こえるのでユーメンと書きましたが
実際に中国人の店員さんに「ユーメン」と言っても通じたことはありません。
素敵なしかめっ面をされるだけで終わります。

僕の事をよく知っている取引先の中国人の社長さんや通訳さんに
「ほら...あの...海鮮のドロッとした麺のやつ。僕がいつも頼む..ほらっあれっ」
と伝えるともれなく出てきます。友達って素晴らしい。

で、実際の字はこれ↓。

85465+.jpg


ね?どうにもならないでしょ?



とにかくこのユーメン(と聞こえる食べ物)。
お店にあれば最近は百発百中で食しております。

発祥の地は福建省の泉州らしいのですが...
福建省の海に近い街ならだいたい食べられるかと思います。

見た目は長崎チャンポン風
R0035610.jpg


鳥とか豚のスープに海老イカ貝などの海鮮と野菜を投げ入れて
じっくりコトコト煮込んだような濃厚スープでドロッと感は「天下一品」以上
(「こってり」の方との比較でよろしくどうぞ)。

で、そのスープにはバリカタ派の僕としては日本のラーメン屋で出されたら
その場でドンブリひっくり返したくなるくらいコシのない太めの中華麺が入ってるわけですが....
この根性無しの麺がバッチリこのスープにはマッチしてしまうから不思議です。


具の中で特にナイスな活躍をしているのがこの地元でとれる牡蠣
R0035612.jpg

小さいですが味は濃厚。



全体的に海鮮のダシが効きまくってるんですが、味自体はそれほど強くはないので
小さいお椀に4.5杯はお代わりしてしまいます。

まあまあのレストランで4人で食べきれないほどの大きなお椀1杯で22元。
drghh.jpg


日本円で¥270程度

やすっ!

機会があれば皆様も是非。


服部

テーマ:中国 - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1003-a2bc1029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)