fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

路なき路を~AS30(仮称)~ 前編
えー...

我々のインド出張ですが..

マサラドーサ食いまくって
マサラドーサ (2)
(たぶん一生好物です。)

たまに(金谷が)食中毒になって、
ひたすらに凸凹道に揺られながらも時々牛をいじり、チャンスがあれば山羊とも戯れて....
そのまま遊んで帰ってきてると思っているそこのあなた。

たまには仕事もしております。

はい、今「けっ」って顔したそこのアータ。
後ででいいので僕に謝ってください。

今回はバッチリ証拠を見せてしまいます。
情熱的に熱い仕事現場をお見せしてしまいますからっ。
とりあえず「情熱大陸(By葉加瀬)」もしくは「地上の星(Byみゆき)」あたりを
脳内でガンガンに奏でながら心して読んでください。



インドでの我々の主な仕事は「採石場巡り」をする事。
現地を訪れ、その時の丁場の採石状況や石目の確認などをします。

「おっ....綺麗だねえ。そのままガンガン掘ってちょうだい!」とか
「あああ...こんなんなちゃってもう諦めるしかねえか...」とか
「こっち側の石の色の方が良さそうだからこっちの方からのやつを送ってね。」とか
「おしっ、まだまだたくさん採れそうだ。良かった良かった。」
てなことを石を眺めつつ確認しつつ採石場を歩きまわっているわけです。

そんな感じで基本的には既存の採石場を訪問するのがほとんどなのですが..
1回のインド出張で1カ所か2カ所程度でしょうか、まったく新しい採石場をまわることもあります。
新商品の開発ってやつですね。

しかし、この「新しい採石場」ってのが実はなかなかの曲者で
まだまともに人も機械も投入されていないような状況の中
採石場の表層をいじって将来的に石目がどうなりそうかを予想してみたり..
最寄りのすでに動いている採石場の様子から、どんな石が採れそうかを想像してみたりするわけで...
正直に言ってしまえば、たとえ表っ面が「おっ、なんかすっげーいい色!」となっても
実際に掘り始めるとまったく使えない質や色の石に変身されてしまう事の方が逆に多い位で....

実際に採石を始めてみないとどうにもこうにも
どんな石か出てくるか判断できないところがほとんどだったりします。

そうです。
いくらプロでも結局のところ採石場ってのは基本的には「やってみないと分からん」もんなのです。

その上、丁場自体の状況以外にも輸送用の道路の状況、採石許可の問題、
地元に住む人との関係等々の問題がすべてクリアされてようやく石を持ち出せることになるわけで
訪問した日に「もう明日にでも石を出荷できます!」なんて
優等生な場所は実質0と考えた方が良いのです。

なので「新商品の開発」なんてのは普通心踊るものなのでしょうが...
「新しい石が出た」なんて情報が入ると
もう無駄に胸を躍らせまい」と逆に身を固くするのが我々の習性だったりします。

でも...
しかし...

悲しいかな石フェチの性...

新しい採石場に行く度にどうしても、自らの意思に反して
胸が勝手にダンスを始めてしまうのもまた事実だったりするわけです。

はい、そうですね。

恐らくは西銀座チャンスセンターに列を作る人達の気持に近いのかもしれません。

続きます。

服部

テーマ:仕事の話あれこれ♪ - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント
ごぶさたです
と、とりあえず   
ごめんなさい。(笑)  
実は、私も石にワクワクしちゃうたちと云うか、サンプル並べてニヤニヤして、まわりからキモいとか言われたりしてます。
【2012/02/06 12:47】 URL | 148 #- [ 編集]

こちらこそ
あっ...ども148様 御無沙汰です。
ですよね...はたから見ればかなりキモイですよね。
でもそれが石屋の性。諦めるしかないですね。...お互い。

【2012/02/08 08:46】 URL | 服部 #SY8Nrl2w [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1033-1bb00a84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)