fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

続続 神奈川の銘石 「小松石」
えー...

しばらく様子を見ておりましたが
どうやら大丈夫そうなので小松石の話の続きを...

小松石としては特大サイズのこの石
R0036809_20120606210055.jpg


円相というものを彫刻して
身長20尺(6メートル)の達磨大師様の横に設置されることになります。

で、「円相」ですが...

我らがWIKI先生の話によりますと

円相(えんそう)は、禅における書画のひとつで、図形の丸(円形)を一筆で描いたもの。
「一円相(いちえんそう)」「円相図(えんそうず)」などとも呼ばれる。


とのことです。

まあ...丸です。筆で書いた。



こんなやつです。
円相



で、WIKI先生の説明だけでは実際のところでは
なんのこっちゃ意味が分からない僕としては

今回ご同行いただいたこの小松石の記念碑を建立される
お寺のご住職に恐れ多くも...

あのー...円相ってなんすか?

とお聞きしたところ。

ご住職。

微笑みながらご住職。

宇宙です

と。

....。


ご住職、シンプルかつ3回生まれ変わっても理解できそうにない
ご回答をどうもありがとうございました。



さて、話はもどりまして

この円相ですが採石場に機械を持ち込んで彫刻することになります。
で、それまでに決めなきゃいけん大切なことがございまして...

どっちの面を前にするか? です。

僕が見ても


こちらの面も良いのですが....
R0036807_20120606210056.jpg



こちらの面もなかなかあじがあって良いわけで
R0036822.jpg
(↑石の表面の色を見るために水をかけた状態です。)


ご住職は
この丸のラインが円相には似合うはずです。とか


現場の最高責任者のS様は
こっちの方がドシっとした感じがいいんじゃないですかね~?とか..

.....。


まあ、この辺りまではまあ..
小松石に関しては素人の僕でも話の内容自体はなんとか理解できるのですが..

採掘元のA社長に関しては
色気があってこっちの方がいいじゃないっ。ポッと頬を紅く染めた感じでさ! 

なんぞと、もう石相手に話すことではなくなってきてしまいまして...
なかなかスムーズには話が決まりません。

小松石の表面の色はザックリ分けると2種類

こんな感じの

茶系の色と
R0036820 (2)


ほんのりと赤色
R0036818.jpg

A社長の「頬を紅く~」ってのは石の表面のこの赤い色のことを言われてるわけですね。

でもしかし...

どちらにしても...


自然が作りだす色はやはり綺麗なわけです。
R0036821.jpg



今週もよろしくお願いいたします。

続きます。


㈲南印度洋行 服部

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/06/19 12:50】 | # [ 編集]

はい、楽しみです。
はい、完成が楽しみです。
しかし...640砌の石塀、大変そうですね~
【2012/06/20 13:49】 URL | 服部 #SY8Nrl2w [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1105-dacbe81c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)