FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ごめんねジェイク
もう20年近く前の話なんですが

ネパールはカトマンドゥの街をブラブラしていた時...

「オハヨゴゼマス。ワタシニホンガ..ハナセマスカ?」

てな感じに近づいてきた、ニコラスケイジさんを若くして黒くしたような青年がおりまして..


名前はたしかジャイクだかジェイクだったと思うんですが..

その(とりあえずの)ジェイク君はカトマンドゥの学生で、
どうやら日本人相手に実践的日本語学習をしたかったらしく..
僕に声をかけてきたようなのです。

僕はと言えば金はなくても暇だけは売るほど持っている
典型的なバックパッカ―だったわけで...
彼は彼で別に金をせびってくるようなタイプの人種でもなく
とても明るく真面目な感じの人間で...

その日のうちに打ち解けてフレンドになりまして...
色々とカトマンドゥの街を案内してもらうことになりました。

で、翌日も相手をしてくれるというので
一緒に行動していた出会って2日目の夕方ごろ。

街を歩いてるといきなり...

ジェイク君が...

僕の手を握ってくるわけです

当時、東京でもバンコクでもなぜか2丁目系の人にだけは
もててしまうと言う切ない現実を理解していた僕は


「あっ、やられた。」

と思ったわけですが...

その動きがあまりに自然だったこともあり
握られた手をほどくこともできず..
そのまま数分歩き...

その後、近くの食堂で夕飯を一緒に食べたんですが..

僕の頭の中は1つだけ。

俺が危ない。」

店を出た瞬間に本当に逃げるようにわかれ...
(たしか「マイストマックベリーデンジャラス!!」とか
そんな事を言い放って逃げた気がします。仮病です。)

その後、ジェイク君とは二度と会わなかったわけです。



で、話は変わりますが今回のインド出張。

今回、南インドの20カ所以上の採石場を訪問した中で
特に「あっここはいけるのね」と感じたのは

このクンナム-Jの採石場
クンナムJ


採石場の状況自体もそうなんですが..

なによりも...

この採石場と我々は強い絆で繋がられていることが確信できておりまして。

だって....

弊社のインド側の相棒であるCHANDRAKUMAR(右)と
丁場の管理者さん(左)との関係が...



こんな↓感じですから。
Image1773.jpg



この男同士のお手てつなぎ
何回もインドに行くようになってから分かったことなんですが..
インドやネパールでは普通のことのようです。

気心が知れるまで仲良くなると男同士でも普通に手と手をつなぐみたい。
恐らくは男同士で肩を組むのと同じ感覚なんじゃないかと。

しかし...

ここまでガッツリと。
Image14242.jpg



うーん...馴染めん。


それにしても...


ジェイク君には悪いことしたなあ。


でも...今さら連絡とれんしなあ。


服部

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

まさに世界不思議発見ですね~。ロシアでは裸になって一緒にサウナに入るのが大事とか言いますが、飲食の他に付き合い方ってのはあるんですか?
【2012/08/27 05:34】 URL | けまい #- [ 編集]

付き合い方
うーん...インド人との付き合い方ですか...
宗教が根付いてる国なんで色々とあるんだとは思いますが
大抵は「外人」と言うことで許してくれるので僕はあまり気にしてません。

大事なのは「おおらか」であることですかね。
【2012/08/27 07:52】 URL | 服部 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1138-439a97fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)