FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上野の自治州レストラン
えー..

先日、上野にある千里香というお店に行ってまいりました。
Im.jpg

中国の東北地方に延辺朝鮮族自治州という地域がありまして
そこの延辺料理が食べられるお店でございます。

入口に入り、左足を一歩前に踏み出した瞬間にまず感じるのは
店内に強めに充満している肉の焼けるにおいと香辛料の香り。
この手のにおいが苦手な人はそのまま「まわれ右」したくなるほど。

このお店に来られる方は日本在住の延辺出身の皆様が多いようで
香辛料の香りの他に韓国語と北京語も店内に充満しております。
店員さんも当然皆様中国人の方でして..
彼らの明確な返事はないけれど、でもきちんと間違えずに注文はとっていく
そして、最低限の愛想笑いさえない接客態度は上野にいながらにして
中国にいる気分にさせてくれるので、なんだか少し得した気分になります。

で、この千里香に来るほとんどの方の目的は...

たぶんこちら

羊の串
DSC01404.jpg


メニュー的には他にも牛串やら野菜串やら色々な種類がありますが..
DSC01401.jpg


メインはあくまで「羊」だそうです。

歴史はそれほど古くはない料理のようですが
延辺では誰もが知ってるスーパーメジャーな国民食のようでして..

この羊肉はテーブルで自分達で焼きます
DSC01395.jpg


炭で。
DSC01403.jpg


これ↓の本気のやつですね。
YAKITORIKI_20130122170643.jpg



今回、二人分で注文したのは「羊カルビ」10本と「ピリ辛羊カルビ」10本。

早速焼き始めます。
DSC01410.jpg
(羊カルビが¥157/本 ピリ辛羊カルビが¥210/本)


でっ

ここのお店の串焼き機がこれまたただものではございません。

鉄の串の根元にこんな感じの歯車のような細工がありまして。
DSC01416.jpg



自動で..

肉がまわります。


回転肉です
DSC01415.jpg
(スミマセン、動画撮る余裕はなかったっす。とても腹減ってたもので。)

そして、その回転肉を眺めながらビールをチビチビやっているうちに
肉はとっとと焼けまして、そのあっつあつの肉に

こちらの小皿にのった香辛料...唐辛子やクミンシードなどのスパイスが入っておりますが
DSC01418.jpg
(カレーのスパイスと同じで店ごとに配合が違うそうです。)

これらを自分達で混ぜあわせた後に
Image1_20130122170721.jpg
(この店のヤツはどこか遠くでコンソメポテト味。)


チョチョイと付けてハフハフやりながら口の中に入れます。
DSC01420.jpg


で、これ。

すっげー美味いです(特に「ピリ辛羊カルビ」)。
羊肉のうまみと香辛料の香りが混ざり合って..もう、たまりません。
1人で10本以上あっという間に平らげてしまいました。

エスニック的な香辛料と羊肉自体がダメな人はさすがにチョット厳しいと思いますが
逆にその両方が好きな人は恐らくはまると思います。
特に「辛党」の人はまず間違いないでしょう。とりあえず僕ははまりました。ガッツリと。
言い切ってしまいますが、僕は今後ここの店に定期的に通うことになります。はい。

あと、これってインド人も好きだと思う。
羊肉+スパイスって組み合わせ自体がもうすでにインドっぽいですし。
今度、チャンクマが日本に来たら一緒に行ってみたいです。

しかし...この延辺式?焼肉は良いっ。
やきとりより熱々だし、日本式のやきにくより焼くのに気を使わなくて楽です。
なぜにこれまで日本ではそれほどメジャーにならなかったのか...
もっとアチコチに広がっていっても良い料理な気がします。

特にスパイスをもう少し日本向けにして..タレも用意して..
匂いの強くない肉をメインの商品にすれば.....


....。


いかんいかん。


石一筋。石一筋。


服部

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/01/28 12:27】 | # [ 編集]

カーネルおばさんの店
いやあ、行きたいですね。カーネルおばさんの店。
少し確信犯な気もしますが...面白い。
【2013/01/30 13:13】 URL | 服部 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1215-876c7e8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)