FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

しあわせな瞬間・・・
人さまから≪感謝≫されるって、しあわせな事ですよね・・・。
≪ありがとう≫って言われる瞬間って、うれしいものです。

それが お客様からの言葉だったら、なおさらです。
また 頑張ろうって 思っちゃいます♪ はい!


2件のお墓をご覧ください。
素敵でしょ?

≪光≫の書体は、故人が生前利用していた、印鑑の復刻です。



DSC00416.jpg


その光を≪新月≫に彫刻しました。この新月は
画家であった故人の絵によく登場し、画かれた物です。
絶妙なサンドブラストの加工が職人技です。


DSCF1862.jpg



洋墓はPON 外柵はロイヤルブラウンを使用し、
背側の屏風は、旧石の万成石を、再加工したものです。


次は、こちらのお墓です。


DSCF1937.jpg

ロイヤルブラウンを使用したシンプルな、ツートンカラーです。
廻りに和墓がひしめく寺墓地の中で、ひときわ目立ちます。

DSCF1950.jpg


竿が重厚で、和の文字が、禅宗の円相につながります。


いずれも O石材工業様が、施工しました。
O氏は、施主から 下記のような最大限のお礼の言葉を頂戴しました。

~施主からO氏へのお礼の手紙より 抜粋~

○○様には、お墓を大切にして下さる仕事ぶり、そして、新しいことに
挑戦していくことができる技量に、「父を亡くした悲しみ」を、
「父を弔う気持ち」へと変えて頂いたように思います。
そして、このお墓に関わったいろいろな思いが、
石に入っているように思えて、父だけでなく、その後に続くであろう
私たちも、安心してそこに入れると感じています。

・・・なんと嬉しいお言葉でしょう!

それを伝えて頂いた、納品業者の杉野は、これまた
うれしいもので・・・・。

家、車などの商品とは異なり、
≪お墓≫を扱う この仕事の ≪ありがたさ≫ を痛感しました。

合掌

杉野








この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1225-3ec5c937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)