FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池上線LOVEな小雑誌
えー..

池上線生まれ浅草線育ち川崎在住の服部です。

昨晩、自宅にこちらが届きました。速達で。

街の手帖 池上線2
変換 ~ DSC02468
(¥250)


東京には池上線という(蒲田⇔五反田)15駅を20分チョットではしりきってしまう
その沿線に住む「昔の人」にとっては緑なイメージのローカル線がございまして...

その池上線にまつわることだけの小雑誌です。

なんとなく愛嬌があり池上線愛にあふれた内容で
昨晩の酒のつまみに楽しく読ませてもらいました。




元池上線ヘビーユーザーとしましては、この「街の手帖 池上線」のことが
以前から気にはなっていたのですが...基本的に池上線沿線の本屋さんにしか売っておらず...

そして実はこの小雑誌の発行人は僕の友人だったりもするのですが
なんとなくわざとらしい気がしてその友人には頼めず....
かといって正直わざわざ池上線沿線まで行って買うほどまでではなく...
どうしたもんかと思っていたらふと気付きまして..

「あっ...節江さん。」

はい、ジャッキー好きのウチの母は今でも現役の池上線沿線住人でした。
で「御嶽山駅か雪谷大塚駅に行った時に「街の手帖」ってヤツ買っといてくんない?」と電話を...

自分にまったく頼みごとをしなくなった息子からの久しぶりのお願いに気合が入ったのでしょうか...
その電話の3日後には川崎の自宅に「街の手帖 池上線」の第2号が届きました。

¥250/冊の雑誌が速達で。

母上様、ありがとうございました。
第1号の方が見つからなかったと言う事ですが
池上線沿線中の本屋さんを捜しまわる必要はありませんので
どうかそのままじっとしているよう切にお願い申し上げます。

服部
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1273-53b995ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。