fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

達磨さんはもう終わったのっ。
えー

4月に落慶法要も無事に行われまして
僕的には完全に「終了」扱いだった20尺の達磨さんですが・・
R0048947.jpg



自らの全エネルギーをかけた達磨プロジェクトが終了し
自他共に認める「腑抜け」状態の総合プロデューサーS様から・・

山盛りの写真が添付されたEメールが送られてきました。

なにごとかとその写真を眺めてみれば・・
やはりと言うか案の定というか・・すべて達磨関係の写真

ハッキリとはメールには書かれてませんが
Sプロデューサー....これはやはりそういうことですよね。

ブログニノセロヨ。ってことですね。

二か月前の写真を 今さらな気がしないこともないこともないですが・・
イイカラノセロ。ってことでしょうね。

短くも的確なコメントも写真と一緒にしっかり送られてきております。
もうこうなったらそのコメントも込みでそのままのせてしまいます。


大変お世話になっております。
達磨プロジェクトが終わってすっかり腑抜け状態です。
しみじみ服部さんがいなければ出来なかったと実感しております。
石作工房による達磨の最終仕上作業写真と
御寺様の入り口に設置された奇跡の小松石11尺写真をお送りします。


CIMG7965.jpg
岡崎の石作工房さんの見事な仕事


CIMG8158.jpg
奇跡の小松石の長さは11尺=333.3㎝)


ノミ入れ
CIMG8266.jpg


完成配達
CIMG8470.jpg


住職のお孫さんに基礎をならしてもらって
CIMG8367.jpg


完成
CIMG8515.jpg
20年山に眠っていた奇跡の石を気持ちよく出してくれた関係者に感謝です。


....。


まあ・・確かに本当に奇跡に近い大きさの小松石ですし・・
石作工房さんのお仕事も素晴らしいですが・・・


Sさん、早く通常業務に戻ってください




ちなみにこちらは落慶法要当日の写真。
R0048967.jpg


これだけたくさんのツヤの良い頭の集まっている現場に出くわすのは初めてでしたが・・
こういう状況になると自分の頭に髪の毛がくっついてるのが
なんとなく恥ずかしい気分になってくるから不思議です。
(藤子不二雄の「気楽に殺ろうよ」的な感じですかね。やっぱ違いますね。ごめんなさい。)



まあ・・

Sプロデューサーに関して言えばそうは思わなかったと思いますが..
Image1_20130621193148.jpg
(ツヤの良い方がSプロデューサー。)

皆様、長々とお付き合いありがとうございました。
これ以上いくらSプロデューサーにつっつかれようが
本当にこれで達磨さん関係の記事は終わりにしたいと思います。

ちなみにこの達磨さんプロジェクトのまじめな記事は
業界紙の「月刊石材」さんの6月号にのっているようです。
そちら関係の皆様でご興味をお持ち関係の皆様はよろしければご覧くださいませ。

今週もよろしくお願いいたします。

服部
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1283-c8ebf92e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)