FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ちゃっちゃとしない方が良いこともある。
先日長野のH様のところにお邪魔しまして
一万円札を200枚ほどいただいたんですが...
まあ、いわゆるひとつの「集金」なわけです。

実を言うとこの「集金」という何にもまして大切な仕事が僕は苦手でして...
もう少し正確に言えばお札を数えること自体が苦手でして...
左手で札束を持ちそこから一枚一枚抜いてテーブルの上に重ねていき..
50枚になったところでそれを横に置いて、また50になるまで数えはじめ
それを繰り返して50枚の山を4つ作り...みたいな数え方をするわけでしかもその途中で
「今日は良い天気になって現場出れるから良かったわ。ねえ、服部さん?」
てなことを言われて「そうですねえ」と返事した瞬間には
それが15枚目だろうが45枚目だろうが1枚目から数えなおすことになるわけですが服部です。

で、今回も決して短くはない時間をかけてお札と格闘していたわけですが
どうにか125枚ほど数えたあたりで金庫番の奥様が言うわけです。

「昔ね、銀行に勤めていたことのある人が集金に来てね...
その人が目の前でバッサバッサ扇形に札束を開いたと思ったら
あーっっと言う前に数えられちゃったことがあってね....」

てなことを話し始めるので、当然その時点でいくらまでいったのかは
分からなくなってますが....そんなことは一切構わず奥様が続けるわけです。

「あの時はほーんとあったまきてねえ
苦労して稼いだお金をあんな風にあーっっという間に数えられちゃあ気分が良くないわ。」と。

あまりにノンビリな僕の手元を見て、逆にその「元銀行員さん」を思い出しただけなのか...
はたまた不器用な僕を慰めてくれようとしたのか...
とにかく奥様、ナイスです。

やはり物事の捉え方は人それぞれなんだなと思ったのと同時に
とても楽しくも救われた気になりました。

そういえばある仕事の早い石材店さんが現場に立ち合われたお施主さんに
あまりに目の前でチャッチャっと自分のお墓が組み上がっていくもんで
怒られたと言うか心配されて途中からわざとゆっくり作業したことがある
という話を思い出しました。


ちゃっちゃとしない方が良いこともあるようです。

R0032685.jpg



服部
この記事に対するコメント

そう言えば、医療の世界で白内障の手術を患者の負担が減る短時間で済ます画期的術法を開発したにも関わらず、「早いと簡単な手術と患者から思われ値段が取れなくなるから反対」と言う声があり問題になってましたね。
【2013/07/05 15:38】 URL | けまい #- [ 編集]

ほうほう...
医療もですか。
まあ..実際の話、手術なんて早いにこしたことはないわけでそのうちそれも早くて当たり前になるんでしょうね。
【2013/07/05 16:16】 URL | 南印度洋行 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1287-7bf8c9af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)