FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

涌井大盛蕎麦特別強制差入付
先日の長野出張時にK様とお昼に蕎麦を食べに行くことになり
小布施のパーキングで待ち合わせとなったわけですが..

ながれ的に言えばそのまま「小布施で蕎麦」ということになると勝手に思っておりましたが
2時間ほど予定がぽっかりとあいてしまった僕に気を使ってくれたのか
K様はわりと山奥の方に向かって車を走らせていきます。
R0049115.jpg


知ってる人は知っているけれども僕は知らなかった
信州中野は涌井地区(旧豊田村)に到着でございます。

この涌井地区には15軒の民家があるようですが
そのうち3軒が蕎麦屋という「蕎麦密度」のとても高いエリア。..のようです。

で、そのうちの1軒

涌井せんたあ に突入です。
R0049113.jpg
(民家風)



店内も民家な雰囲気。
R0049106.jpg
(人気店のようでわりと混雑してます。)


ここはせっかくなんでガツっと大盛りをいってしまいましょうかと考えながら
メニューをながめると「ざるそば」が¥525なのに大盛が¥260増
R0049107.jpg

うーん...なんだかやけにしっかりとした大盛に対するお値段。
もしやと思い、店員さんに「大盛りってかなりの量ですか...?」と聞くと
「お腹一杯にはなりますね。でも皆さんだいたい全部食べられていきますよ。」とのこと。
そして、付け加える感じで「中盛もありますけど。」とも。

少し悩んだ後二人とも大盛に。
K様も僕も決して食の太い方ではないと思うのですが..なんと言いますか...
その時、瞬間的に「中途半端はなんか面白くない」と思ってしまったのだと思います。

振り返って考えてみればこの店に来る人はだいたい「常連」さんな感じがするわけで
大盛を頼んだ人は当然「全部食べられていきますよ。」な自信があって頼むわけで...
そもそものところ、そこら辺で計算間違いしていたことに気づくのは15分後の話です。

で、来ました。
R0049109.jpg

写真で見るとそれほど大した量ではないように見えますね...。
実際、僕もファーストコンタクト時には「大盛だけど普通にいけそう」と思いました。
これって恐らく器の大きさのせいだと思います。
かなり大きめ(直径30CMほど)なプラスチックの皿にのせられてくるので
見た目が実量より少なく見えるのかと。


おっ、うまいうまい。

できればもう少しコシがあった方がいいかも...

つゆは好みですねえ...


なんてことを初めのころは言いあいながら食べておりましたが..



食べても食べても減らない。

おお?おお...これはけっこう食べ応えがあるなあ...

ある程度、勢いでいかないとヤバいかもしれないですねえ。


といった感じになり



やがて二人とも...

これは当分蕎麦いらんですねえ。

蕎麦って見た目より量があるもんなんすねえ。

コシが...ねえ...。つゆはうまいんですけどねえ...。

てな会話になり...



最後の方は無言。


このへん↓から無言。
R0049110.jpg



とにかく残すの嫌いなので気合と根性で...

二人とも完食。
R0049112.jpg



もう喉のあたりまで蕎麦がつまっている感じ。
「よっ、元気か?」などと勢いよく笛を首から下げた体育の先生とかに
背中「バンっ」ってされたら口からだけでなく鼻からも蕎麦が出てきそう。

で、感食後に少し茫然としていると...

50歳ぐらいでしょうか店の奥の方のテーブルに座っていた作業着姿の1人のおじ様がですね..
帰り際、我々のテーブルの横を通り過ぎる際に僕にとんでもないことを言うわけです。


とてもビックリすることを...



これ、食べて」と。

そして、我々のテーブルにささっと置くわけです。ささっと。





天ぷらを
R0049111.jpg
(天ぷら3個+飾りの葉っぱ2個+紛れ込んだ蕎麦とネギ各1本。)



....。

さっそうとお店を出るおじ様の背中に本来ならば
義理でも「ありがとうございます」の一声ぐらいかけるべきなんでしょうが...
その時はさすがにでてきませんでしたね。声が。
てか、チョットにらんでたかも。店の外に消えてくおじ様の背中を。


推測するに...
天ぷらも蕎麦に負けず劣らず相当な量だったんでしょうね..。
で、おじ様は「もったいない」と思ったんでしょうね。残った天ぷらが。嫌いなんでしょうね。残すのが。
そして自分の7メートルほど前でもくもくと蕎麦をすすっている自分より
10歳ほど若そうなやはり作業着姿の二人組をたまたま見つけちゃったんでしょうね。
で、思ったんでしょうね。「あっ、おいら皆が幸せになれる方法見つけちゃったもんね。」と。

おじ様、奇遇ですね。
ボクラモノコスノキライナンデス。

重い箸を持ち...おじ様が残された..てんぷらを仲良く一つづつ.....
(残った1つは見ないふりをしつつ..)


天ぷらの味ですが...
スミマセン、覚えてません。

会計時には万が一にでも強制差し入れされた天ぷらの分の
料金を含められていないか念入りにチェックしつつ重い体を動かし店を後にしました。

で、帰りの新幹線。
夜になっても腹から蕎麦が消えてくれない状態でしたが..
同志のK様からメッセージが...


原文そのままのっけます。



今日はありがとうございました。

夕方、お施主様のおたくにて蕎麦…




K様、お疲れさまでした。

その後蕎麦は食べられましたでしょうか?

僕はまだ食べておりません。蕎麦もてんぷらも。

服部

テーマ:蕎麦屋の食べ歩きレポート - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/07/08 14:49】 | # [ 編集]

そうですか...
やはりコシなしなんですね..あそこら辺は。
蕎麦湯ですがしっかり堪能しましたよ。二口ほど...。
【2013/07/08 15:56】 URL | 服部 #- [ 編集]


都内のそば屋は量が少ないと感じてましたが…、多くない方が良い事もあるんつね…。
【2013/07/09 07:58】 URL | けまい #- [ 編集]

すっげーわかる
少ないんっすよね。都内の蕎麦。
高いんっすよね。都内の蕎麦。
でも美味いんすよね..。都内の蕎麦。
【2013/07/10 06:57】 URL | 服部 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1289-19066257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)