fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

中国 パクリ考察
中国から帰国した図面担当の前野です。
中国といえば、パクリ(無断で真似すること)が多いことで知られていて、
日本のニュースでも時々中国のパクリ製品が登場しお茶の間を賑わわせます。
うちの今年の干支の馬もパクられてしまったわけです。
市場ルールとしては、このようなパクリには、断固対応する必要はあるのでしょうが、
私はどこかこの中国のパクリ文化が憎めません。

あまりに短絡的で単純なパクリが笑いをさそう。
そんなパクリの数々をごらんください。

P1010229.jpg
□いい感じの遊具

P1010226.jpg
□くまもん。そのまま。


P1010230.jpg
□ケンタッキーぽい店。値段はケンタッキーの半額くらいで、結構美味しい。

P1010235.jpg
□ノスタルジーを感じます。

サンリオ軍団。。。誰か買うのか?
P1010232.jpg

P1010231.jpg


このようなパクリは本質的に相手の良さをみとめていることでもあると思います。
お互いの良いところを真似する、というのは良いことです。
だから、本来パクリはそれほど悪いことではないはずです。
文化は模倣の繰り返しで成立していくものではないですか?
逆に笑えないパクりもあります。。それは、パクったものをさも自分達が最初に考えたように振舞うこと。そのようなパクリ先にひとかけらの敬意もないパクリは、中国には少ないと思います。
たんに金もうけがしたいだけな感じです。

今回、中国のパクリ力が後退しているのを感じました(もちろん、良いことですが。)
例えば、いつも宿泊するホテルの前に、あきらかに怪しいDVDを売る店があったのですが、今回無くなっていました。

P1000443.jpg
□以前あった謎のDVD屋

有名な繁華街の山中道も、偽物をとりあつかう店はどんどんなくなっていると
中国人の知り合いはいっていました。
私は、パクリは中国のてきと~な(よく言えばおおらかな)国民性と結びついていて、
無くならないと思っていたのですが、少なくとも目に付く部分では中国も意外と普通の国に近づいてきているようです。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1339-72875e8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)