FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マニアック住職
栃木県は高庵寺の長谷川住職のホームページを存知でしょうか?

この長谷川住職ですが墓石に対するマニアックぶりが半端なく...
お墓に使う石の材質や特徴、長所や欠点..
採石場の状況まで見事に理解されておりまして..
ぶっちゃけ「このご住職のお寺にお墓を建てる石材店さんは大変だろうな...」と思ってしまうほど。

で、HP内のブログに書かれている内容もかなり尖っておりまして
この石嫌い~ ウチの寺で使うの禁止ね~」などと
(↑イメージです。実際はもっと丁寧な言葉で書かれております。)
僕には逆立ちした上に片手腕立て伏せができても絶対に言えないようなことを
ハッキリと言いきってしまうわけです。うらやましい。

そんなわけで長谷川住職のブログをいつも清々しくも楽しく拝見しているのですが...

そのご住職ご本人から久しぶりにご連絡をいただきました。

以下そのまま転載させていただきます(ご住職、ありがとうございます!)。

㈲南印度洋行 様

高庵寺住職 長谷川泰紀です。
以前にもご連絡をして、服部様のブログの2012/06/08の小松の丁場の写真を私のブログに引用させていただいたのですが、今回は2013/11/9のブログ「なんか知らんがちょっと笑ってしまう光景」を高庵寺のブログに引用したいのですが、宜しいでしょうか?

最近、受ける相談で、石種についての相談がかなりあります。
詳しいとはいえ、素人の僧侶に相談するのも?なんですが、私の寺に建墓されているお墓を見ても、同じ品番であっても、時期によって品質にかなりばらつきがあります。
仕入れルートとか複雑な要因があると思いますが、天然ものですので、採石時期も大きく影響しいていると思います。

個人的にですが、墓石も野菜や魚と同じように旬があると思っています。
昨日までお奨めしていた石が、今日はお奨めでなくなっても当たり前だと思っています。

その説明のために、上記のブログを引用したいのですが、ご検討ください。

高庵寺小住 長谷川泰紀



いやあ...ご住職、よくぞ言ってくれました。そうです。そうなんです。

激しく賛同します。↓特にここ!

墓石も野菜や魚と同じように旬があると思っています。
昨日までお奨めしていた石が、今日はお奨めでなくなっても当たり前だと思っています。


魚や野菜ほどの短いスパンではありませんが石にも旬がございます。
1つの採石場の中には良い石目の層もあれば悪い石目の層もあるわけで
採掘される時期によって石目は(大小その差は色々ですが)必ず変わってくるのです。

特に黒い石などはそれが顕著でして綺麗な濃い黒が出ていた丁場が
掘り進んでいくうちに突然に茶色っぽくなってしまうということがあるわけです。

怖いのは石目が良くない状態になってしまっても「Aは良い石だから」という
以前のイメージ、安心感から無理やり良くない状況の石を使い続けてしまうことです


で、最高なのは..

おやじ、いいネタ入ってる?

毎度っ。おお、あるよ。白身でいいかい?
今ならMD5だね。脂がのってるよ、BANの半分くらいの値段でこれがいけるんだから最高でしょ。

よし、分かった。じゃあMD5を2ついただこうか!

....なんて感じの関係に石材店様となることですね。


がんばろ。
R0039305_R.jpg



高庵寺様のHP↓
http://kouanji.jp/


南印度洋行 服部
この記事に対するコメント

良い仕事とはプロ同士の意志疎通から生まれるとは良く言ったものですね。
【2014/02/17 19:00】 URL | けまい #- [ 編集]

プロ同士の意思疎通
お客様の要望をそのままズドンと受け入れるのではなく
それを良い方向に展開させられるのが本当のプロかと。
とは言え我が強すぎてもダメな時代ですし...さじ加減が難しいところです。
【2014/02/19 08:21】 URL | 服部 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1380-7d13742b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)