FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MMHでPooja
えー...
本格的に暑くなってきました。

ウチの事務所のほとんど全ての窓にはサンシェード的なものがついておりますが...
僕の机の横の窓にだけはそれが付いておらず...

本格的に暑いので...

こんな状態になってます。
R0050376_R.jpg

これはなにハラになるのでしょうか?
そして、僕はこの件を誰に訴えればよいのでしょうか?服部です。





窓際の段ボールについては後で考えるとして
今朝は少しマニアックな話をさせてもらおうかと思います。

僕らが商売をする上できってもきれない..というか無かったら商売ができないものが「採石場」です。
採石場の中で実際に石を掘り出す堀口を我々は「PIT(ピット)」と呼んでおりますが
そのPITは1つの採石場の中で1か所だけではなく複数に分かれることが一般的でございます。

なので我々は日常的に「A-PITの方が良さそうだから、次にAから出てきた石はウチのだかんね。」
とか「B-PITのヤツはあんま綺麗じゃないんで、Bなら今回はパスっ!」とか
インド側とやり取りをしているわけです。

さらに複雑なことを言ってしまうと、同石種の採石場の中でもそのPITによって
その石の採掘販売権を持つ人間(会社)が変わる場合がありまして..
「この木の右側から採れる石はタイガージェットシンさんのもので
左側はザグレートカブキさんのものです。」なんて状況が起きたりもします。
そうなると皆で仲良くたくさん出すよりは自分のところだけ出た方が
その石の価値が上がると考える方が商売をしている上では健全なわけで
俺のところだけ、当たれ!」とそれぞれのPITの関係者が
もれなく強く願うことになります。

で、最近のウチのお勧めしているインド産の MMH という黒い石の採石場。

こちらがA-PIT
IMG20140704113021_R.jpg



こっちがC-PIT
IMG20140704063434_R.jpg
(今回はアルファベットで区別してますが...場合によっては「ジェットシンPIT」
みたいな感じで、本当に関係者の名前で呼んだりすることもあります。)

当記事ではとりあえず仮の名前を上田馬之助さんとしておきますが..
このMMHの場合、当初はA-PITもC-PITも採掘販売権を持つのは馬之助さん1人だけでした。

ところがCから出る石の量がAに比べると少なく...
石を掘り出すためには人も機械も..
そのためのお金もたくさん使わなければならないわけで
小金持ちだけれど大金持ちではない馬之助さんは先月決断したわけです。
「おいらA-PITに集中するし!」とC-PITの採掘販売権を手放すことにしました。

採石場の人間関係は本当に様々でして..

採掘者が石の販売権も持っている場合や
採掘者がその土地まで所有している場合とか
販売権と採掘権を持っている人が別々な場合とか

それと..

「ここ掘ったらきっと..たぶんもしかしたら良い石がでる..気がするぞお!」
などと口だけ出した後は気持ちを込めてひたすらに採掘者を応援しつづける場合
(はい。ウチはだいたいこのパターンです。)等がございます。

なので馬之助さんのように採掘者が
簡単に権利を放り出せる状況と放り出せない状況があるのですが...
今回はとにかくC-PITが馬之助さんに見捨てられてしまったわけです。

で、このMMHに関してはですが..
「あっ、じゃあ俺がやる!」という人間がすぐに現れまして
その人がC-PITの採掘販売権を引き継ぐ(買う)ことになりました。

そうなるとC-PITを買った人も当然「俺のところのだけ、当たれ!」と願うわけですが..
願い始めるというか仕事を始めるにあたってはインドの人はだいたいこんな感じのことをします。
IMG20140704063416_R.jpg


チャンクマの説明を転載しますと...

When we start any auspicious things/works, we used to make Pooja before starting of that work.
We offer some fruits, flowers, coconut, sweet, betel & nuts to the God (first) and to the people (next) who attend the Pooja.


ウチらインド人は物事をおっ始める際に Pooja をするのが一般的っす。
果物とか花とかナッツとか色んなもんを神様に捧げて、
その後 Pooja に参加する人達にも捧げます。捧げまくります。
」とのこと。


Pooja(プージャ)ってのはサンスクリット語で“礼拝”や“儀式”という意味で
今回の場合のPoojaは神に対して色々な捧げ物をして
「なんとかウチのPIT(だけ)を御贔屓によろしくお願いいたします!」と
良質の石がガンガン採れまくれることを神様にお願いするものとなります。

A_R.jpg


自分の力ではどうにもならんことの多い我々の業界...
事が始まる前から神頼みしたくなる彼らの気持ちはとてもよく分かってしまったりもします。
たぶん日本の石の採石場の皆様もされてるんじゃないでしょうか。日本式のPoojaを。

ちなみにウチも正直に言ってしまえばインドの全ての採石者さんとお友達ではありません。
たまたま今回は馬之助さんもC-PITを引き継いだ人もどちらもお友達だったので...
「あっ?Pooja?いいんじゃない?どうぞ。どうぞ。やりたければ、どうぞ。」
てな感じに余裕かましておりますが...もしこれがウチも片一方からしか買えないということになれば..
遠い場所から強く必死に願うことになるわけです。

IMG20140704064023_R.jpg

俺のところのだけ、当たれ!」と。

南印度洋行 服部
この記事に対するコメント

余談ですが、小学生時代にブージャーとバージャーとアダ名を持つ2人がいました。(別に2人は兄弟でも義兄弟でもありません。)
【2014/07/16 09:23】 URL | けまい #- [ 編集]

理由
けまい様、コメント有難うございます。

どうしてブージャーで、どうしてバージャーなのかとても知りたいところなのですが...
これまでの経験上、この話はここで終わるのでしょうね。
【2014/07/16 09:40】 URL | 服部 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1443-0415d435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)