fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

サイラム!ババの国へようこそ。
えー...

サイラム!

服部です。


今回の弊社のインドツアーに関して..

1.たとえ乗る必要がなくとも、必ずオートリクシャーにお客様を乗せなさい。
2.たとえトイレに紙がなくとも、どこにいてもビールだけは手に入るように注意しなさい。
3.あとは お.ま.か.せ。

と非常に細かな指示を杉野、市橋B、川合に伝え
仕上がってきたスケジュール(グレーコース)の7日目と8日目の予定↓。
14_R.jpg

このスケジュールを見まして
すぐに市橋Bを呼びまして...

「健..ここに.サイババ観光って書いてある気がするが..あのサイババか?」
14 - コピー_R


「はい、そうです。そのサイババです。」
ffff_R


「健...サイババで観光って...大丈夫か?」

「はい、大丈夫です。」

「...9時からか?」

「はい、9時からです。」

「建...ホントに大丈夫か?」

「はい、大丈夫です!」

「現地でなにして良いか分からなくなってアワアワしないか?」

「大丈夫です!!」

「たしかサイババって亡くなったよな? ...いいのか?」

「はい、いいんですっ!!」


と..いつになく川平Jばりに力強い返事をする市橋Bの勢いに押され...
お客様と一緒に行ってまいりました。
サイババの生まれた街、プッタパルティ (Puttaparthi)
DSC08288_R.jpg

プッタパルティは南インドの大都会バンガロールから150KMほどのところにある
元々は南インドのアチコチで見られる小さな田舎の村の1つでしたが...
1926年。そこにサイババが生まれ..サイババが成長し..
サイババが聖者になり..そのサイババの下に集まる人のために...
ナカナカな規模の街に仕上がっていったサイババ信奉者の聖地でございます。

そして、当ブログでは「プッタパルティ」=「ババの国」と表記しますが
愛情をもってそう書くので怒らないでください。サイラム。

とりあえず「ババの国」に潜入する前にザックリとババさんのことを...

これまでの僕のババさんに対する知識↓
○ワリと最近亡くなった。
○南インドの生まれで子供の時に自分が「聖者」であることを宣言した。
○インドの有名な聖者の生まれ変わり。
○手から粉を出してそれを信奉者の方がありがたく頂戴する。
○その粉の件を日本をはじめ世界の国々が面白おかしく報道し有名になった。
○たぶんアフロは天然である。

で、「ババの国」潜入前に少し調べた結果↓
○2011年に亡くなった。
○南インドのプッタパルティ(バンガロールから行ける距離)の生まれで
10代のころからすでに大衆の信仰を集めていた。
○インドの有名な聖者シルディ・サイ・ババの生まれ変わりで
「3代目ババ」もそのうち南インドに現れるらしい。
○手からは粉以外にも時計とかブレスレットとかも出していた。
○それを世界の国々が面白おかしく報道したこともあったが
無料の病院、水道設備の供給といった社会奉仕事業が高く評価され
サイババの葬儀はインドの国葬として執り行われた。
○アフロはやはり天然だった。

てな感じに少し調べてみると「思ったよりもちゃんとしてそう」な
ババさんの「ババの国」に僕らは夕方前に到着したわけですが...

「ババの国」のメインの建造物であるアシュラム(精神的な修行をする場所)内は
禁酒・禁煙・菜食・静寂という気づけばそこになんとなくで紛れ込んでみたような
日本のおっさん達には受け入れがたいルールがあるため...

上記の4つが他人の前でなければOKな
アシュラムから少し離れたとても雰囲気の良いコテージに宿泊です。
DSC08258_R.jpg
(Satyam RESORTS)

で、さすが「ババの国」。

コテージ内にはインドでは当たり前のゴミや吸い殻は一つも落ちておらず..

部屋もとても清潔。
DSC08252_R.jpg

インドでは日常茶飯事のクラクションやわけのわからない選挙放送などの
「騒音」もまったくございません。
従業員さんも落ち着いた雰囲気の方が多く
我々が横を通り過ぎる度に笑顔で手を合わせ「サイラム」と挨拶してくれます。

やるな、ババさん。
なんか全体的に穏やかでインドっぽくないぞここ。

すっげー失礼なこと言いますが....

ちょっと見直した。

マジでサイラムです。

「てか、さっきからサイラムって何よ?」と思った方。

続きます

服部

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1535-0ba78210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)