fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タミルナード州の金色ゴルフボール
先日、南インドのタミルナード州のクンナム村(インドの銘石クンナムの採れる村です)
付近を車で通っていた時に遠くの方で見えた...

ド派手な金色の...


ゴルフボール的物体。
DSC08420_R.jpg



チャンクマに「あの巨大ゴールデンボールはなんぞ?」と尋ねると
「自然な生活を好む人達のための施設」とのザックリな説明。
...どうやら彼もハッキリとは分からないようです。
(詳しく分からなくても分かるていで返事するのがインド人。)

自然な生活を好む?

この時点で↓まったく不自然な気がするが...
DSC08420_R.jpg





まあ、とにかく...

面白そうだ

早速、チャンクマに「俺も自然な生活が大好きなので(←大嘘)
あそこに行きたい。行けんのか?」と聞くと
「普通の人も観光できるみたいだよ。今日は時間あるし寄ってみるか?」との返事。
どうした ミスターノーポッシブル? 嬉しいじゃないか。

と言うことで..

auroville(オーロヴィル)という
施設と言うか都市と言うか団体と言うかに行ってきました。

以下、aurovilleについての文章が現地に行った人間とは思えないほど
大雑把な感じになりますが...それは私の乏しい英語力と
auroville自体に対する興味のなさによるものです。
ご了承ください(ちなみに興味がある場合の文章→ ババの国へようこそ!)。

このaurovilleってのはあるフランスの女性とインドの哲学者の男性が
宗教とか国籍とか政治とか関係なしに色んな人達が集まって
経済的にも文化的にも自立した平和な都市を作ってしまいましょう
そして住んでしまいましょうと40年ほど前にできた団体?だそうです。
(金色ゴルフボールが完成したのはわりと最近で2000年代みたい。)

aurovilleの中では約1500人の様々な国の人達が共同生活をしていて
銭いらず、店いらず、警察いらず、でも「瞑想」ありな
スピリチュアル(←ハッキリ意味をわかって使ってはいません。)かつ
自給自足な都市を目指しているそうですが...

居住者以外も立ち入れるエリアがあり
そこは(インドなのに)なんだかとても静かでグリーンな感じなので
近くの街、ポンディシェリーから遊びにやってくる観光客も多いとのこと。

さて、aurovilleの駐車場に車を止めて歩いていくと..

花屋さん
DSC08434_R.jpg



そしてビジターセンターで入場料的なものを払いエリアの中へ
DSC08408_R.jpg


.....。


銭いらずを目指しているaurovilleですが..
どうやらビジターさんからはお金をとる方針のようです。
まあ、確かに居住者さん達は野菜を育てるとか建物を作るとか
aurovilleに自らの体を使って奉仕しているわけで
その辺は仕方がない気はします。

中に入ってすぐにある「私たちのaurovilleを知ってください」的な建物の中には..


金色ゴルフボールの断面模型。
DSC08410_R.jpg


なんだかそのうちルーク=スカイウォーカーに爆発されそうな雰囲気がしますが
このゴルフボールの中で「瞑想」したりなんたりするようです。

その他にもaurovilleに関する説明や模型の展示が色々とありましたが..
とっとと建物を出て実際の金色ゴルフボールに向かって散歩をスタート。

おっ
DSC08432_R.jpg


なんか
DSC08430_R.jpg



公園と思えば..
DSC08428_R.jpg


なかなかに
DSC08418_R.jpg



雰囲気が良いぞ。
DSC08415_R.jpg
(↑さすがクンナムの近く。黒い石を上手に使ってました。)


で、ブラブラと歩くこと約20分。


ゴルフボールが綺麗に見える場所に到着。
DSC08424_R.jpg


まだまだ見るところ..と言うかブラブラできる所はありそうですが
ミスターノーポッシブルが時計を気にし始めたのでUターン。

金色ゴルフボールに関してもaurovilleも
実際なんなのか結局よく分からないままでしたが..

まあ、とにかく..

静かで綺麗でなんとなくお洒落な雰囲気もあり...

可能であれば休日に日本からおにぎり持参でまた来たいと思いました。

服部



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1545-3e386dea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)