FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

インド人もエアーズロックもびっくり。
先日、湖北省に行ってまいりました(帰りは上海に一泊しました)。

僕を招待してくれた日本語がカタコトな建築工場の社長は工場から見える山を指差し
「アレ、ヤマ、ナンバーワン」と僕に嬉しそうに話しかけ
あの程度の山なら富士山の方がタケえじゃねえか。何言ってんだこの社長。
と思いつつも「イエス、ナンバーワン」と典型的な日本人の僕は笑顔で返事したわけですが・・

いや・・実際、失礼しました。

確かにナンバーワンですわ。
間違いなく世界一ですね。



この採石場の規模。
qげfwtgf (5)


602とか新603とか呼ばれている花崗岩が採れる採石場群ですが

カタコト社長が指差した山のてっぺんから麓まで混ざりっけなし100%の花崗岩という
エアーズロックもビックリな状況で・・・
qげfwtgf (9)



見渡す限りが花崗岩(動いている採石場が30箇所あるそうです。)。
qげfwtgf (3)



当然足元もすべて花崗岩。
qげfwtgf (6)




採石方法もダイナミックならば・・
qげfwtgf (8)




運送方法もダイナミック。
qげfwtgf (4)




この採石場群から石を運ぶ専門仕様のトラックが・・
あvfd




常時1000台動いているそうです。
qげfwtgf (2)




なんか世界中の建物の外壁がこの石↓になりそうな気がしてしまう勢いですが・・
qげfwtgf (1)



まだまだ今の調子で堀り続けるそうです。




一方、こちら↓がインドの採石場
DSC08440.jpg
( TNM の採石場)


採石場のワーカーさん達20人位が必死こいて切り出して底から引き上げて・・

二週間で↓この程度。
DSC08439.jpg


実際、切なくなります。このギャップ。

そうそう・・

お値段の差は採り易さの差にもつながるわけでして・・
石材店様、どうぞその辺のことも頭の片隅にねじりこんでいただければ
社員一同、涙で前が見えなくなるほど嬉しく存じます。


服部
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1549-856c7479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)