FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

〜当社メルマガから転載。お勧め!M1インド加工!〜
えー…

えー…

えー…

ネタがない。

と言うことで当社の玄人向メールマガジンの記事を転載させていただきます。
玄人様以外には分かりにくい個所も多々ございますが…
その辺はケイマン諸島あたりの海のように
清らかかつおおらかな気持ちでご覧いただければ嬉しく存じます。


これまで使われてきたクンナムやTNM、LKなどの黒御影に加えて
M1、M8、M10、M12、MD5(アーバングレー)、RB
(ロイヤルブラウン)などインドで加工可能な石種が増えました。
(近日中にM1HとY1も追加予定!)

上記、スタッフ一同ハッキリとお客様にお勧めできる石種ばかり
ですが...
その中であえて1つだけ選ぶとしたら、私はM1のインド加工を
お勧めさせていただきます。
m1stone.jpg

艶良し、色良し、風化に強しな材質は以前から石材店様のご支持
を頂いていたのですが..

ここにきて丁場の状況がさらに良くなってきております。
m1stone-1.jpg


その今が「旬」な石、M1を加工するのはM1の丁場のオーナー
である名前のワリには元気なMrシンデルが経営する工場です。
(産地直送?)
m1stone-2.jpg

洋型も
m1stone-3.jpg
(※心霊写真ではありませんので勘違いしてFBとかにあげない
でください。)


外柵も
m1stone-4.jpg
こんな感じに丁寧に加工→検品されております。


ちなみに石一筋40年の当社会長の前野が自ら建てたお墓もこの
石を使用しております。
だからどうしたと言われてしまえばそれまでですが..
まあ、とにかく..そんな玄人の中の玄人にも愛されてしまうM1
のインド加工をどうぞよろしくお願いいたします。

                      服部弘太郎 記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/1561-295c845a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)