FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

これもインド
インドの紅茶、チャイ等を飲ませてくれるお店です。
2008-12-31-1.jpg
壁に広告が直接ペンキで描かれているインドらしい明るい外観。
いやあ、こういう雰囲気ヤッパ好きだな。

で、壁の一部にこんなイラストが..。
2008-12-31-2.jpg
皆様、どんな内容の広告か想像がつきますでしょうか?

もうちょっと近寄って見てみるとこんな感じ..。
2008-12-31-3.jpg


男の子が鉛筆の方に行きたがっているのにレンチか何かが彼を
掴んでそっちの方に行かせないようにしているように見えます。


実はこれ州政府からの広告で、イラストの下にはカルナタカ語で
「もしこの地域で学校へ行かずに働かせられている
子供を発見した場合は○○○○まで連絡をしてください。」
てな事が表記されております。

そう、子供を学校に行かせずに働かせること...
それを止めさせるための広告なんです。

インドではまだまだ稼ぎ口を子供にまで求める家庭はあり
そのために行きたくても学校に行けない子供達が存在します。

イケイケインド、GOGOインドではありますが...
これもまたインドの一面...現実です。

インドのボンベイ。
交差点で赤信号につかまった「ベンツ」の車内に向って小銭をねだる少女(1994年撮影)。
india bombey

本来なら学校で授業を受けていなければならない時間
少女は信号が赤になるたび素足で車に駆け寄り...わざと悲しい顔を作り...
何度も同じ事を繰り返しておりました。

自分が...家族が...生きていくために。

何がどうしてそうなってしまうのか..
誰がなにをどうすればよいのか..
残念ながら僕にはハッキリとは分かりません。

でも、日本で使われていた「ゆとり教育」なんぞという言葉。
きっとこのコ達にはまったく理解できないコトなんだろうなとは思います。

㈲南印度洋行 服部

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/312-66a6a79c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)