FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8辛い鬼辛坦々麺
おはようございます。

甘い=甘い
美味しい=うまい
辛い=うまい
すっぱ辛い=すっぱうまい
超辛い=超うまい
鬼辛い=鬼うまいっ

以上のような繊細な舌の持ち主、鬼辛党の服部でございます。
最近皆様はどんな辛口でしょうか?

さて会社の近くにこんなお店がございます。
ONIKARATANGTANG.jpg
「四川食洞」です。

登山家がそこに山があれば登らずにはいられないように..
下痢気味の人がそこにトイレがあれば入らざるおえないように..

鬼辛党の党員はそこに「四川」という文字を見てしまえば
その店に突入せざるおえないわけです。

という事で店の前を通る度に吸い込まれる「四川食洞」。

注文するのは90%の確率でこちら
ONIKARATANGTANG (1)
「鬼辛坦々麺」!
(¥800 麺硬でよろしくどうぞ。)

この鮮やかなチリ色で辛さはだいたい想像できるかと思いますが..
「COCO壱八丁堀店の8辛」と同じレベルだと言えば老若男女どなたにでも
お分かりいただけるはずです。

とりあえず臭いなんぞを嗅ごうとしてドンブリに顔を近づけて見ると..
だいたい涙が出ます。

腹減ってるからってスープを一気にズズズっとやったりなんかすると...
高確率でムセます。

そんなことにはお構い無に麺をすすり上げると...
なんだか微妙に頭が痒くなります。

でも鬼うまいんですよねぇ、これが..
癖になります。

なお不必要に頭を痒くしたくない方にはノーマルの「四川坦々麺」もございます。
こちらが辛さの世界基準で申し上げますと「八丁堀COCO壱4辛い」となっております。

どうぞよろしく御願い致します。

㈲南印度洋行 服部

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/324-405212dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【グルメ】四川食洞

この前、東京の八丁堀にある四川食洞という中華料理やさんで昼食をとりました。 鬼辛四川坦々麺とミニチャーハンのセットを注文。 チャーハンは桜えびの様な乾燥小エビの入ったも いちななさん【2012/12/01 09:28】

【グルメ】四川食洞

この前、東京の八丁堀にある四川食洞という中華料理やさんで昼食をとりました。 鬼辛四川坦々麺とミニチャーハンのセットを注文。 チャーハンは桜えびの様な乾燥小エビの入ったも いちななさん【2012/12/01 09:30】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。