fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

寸尺保守派×cm推進派
漢字では

[一寸]

と書いて



[ちょっと]

と読みます。


キムタクの奥さんが

「ちょっと待ってよネぇ~なんて言ったのい~ま~」

とか歌ってましたが漢字で書くと

「1寸待ってよネぇ~」となるわけです。

で、この「寸」は長さの単位でして1寸をCMに直すと3.03cm(中国の場合は3.33cm)となり

おニャン子クラブ会員番号38番のキムタクの奥さんの歌に変換すると

「3.03cm待ってよネぇ~」となるわけです。


えー..

何を書きたかったのか一寸分からなくなりましたが続けます。

この「寸」ですが....
「尺」(10寸=1尺です。しゃくとり虫の尺ですね。)と一緒に
石材業界では非常によく使われる単位でございます。

お墓の大きさ(規格)を言う場合にも竿石(とか拝み石)と言われる部分の幅を基準にして
「9寸角の石塔1組」とか「尺角の石塔1組」てな言い方をします。

業界に入りたてのころは「江戸時代かっ」と何度も心の中で突っ込んでおりましたが
とにかく日本人が携帯電話をパカパカする回数よりもはるかに多く
我々が毎日頻繁に使っている単位でございます。

石材店のオヤジご主人などはこの寸と尺の単位にスッカリ慣らされた寸尺頭(仮称)になっており
うかつに「はい、45cmですね。」とか言ってしまった時には
「あっ...? 寸で言え寸で。 このド素人が。」と脅される 優しく諭される時も
あったりなかったり...

ラジバンダリぃっ(←スミマセン..。気付いたら手が勝手に打ち込んどりました)。

そう言う私もやはりいつの間にかに寸尺頭(仮称)になっており
今では「150cmで」とかお客様に言われると
「欧米かっ」と心の中で突っ込んだりもしています。

てな具合に石材業界においては「寸尺保守派」が一大勢力を誇っておりますが..
やはりグローバル化の波には逆らえず
最近では世界規模で活躍中の「センチメートル推進派」が
少しずつではありますが確実に食い込んできております。
もしかしたらそのうち業界から寸と尺が消える日が来るかもしれません。

それはそれでなんとなく寂しい気もしておりますが
本日もどうぞ宜しく御願いいたします。

20090721.jpg

㈲南印度洋行 服部

テーマ:ひとりごと - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/458-1139ab63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)