FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

洋型派? 和型派?
前にもチラッと書かせていただいた事があるかとは思いますが..

お墓には

昔の伝統的なスタイルの「和型墓石」
WMG0349-右 (1)



新しいスタイルの「洋型墓石」がございます。
YGM0327-右 (1)


「和型墓石」に関しては
皆様の頭の中で「お墓」のイメージとして比較的浮かびやすいかとは思いますが
細長い石の下に四角い石が何個か付くようなスタイルが基本になります。
そこに色々なオプション(蓮華とかスリンとか香箱加工とか呼ばれるもの..)が
加わる程度なのですが...

「洋型墓石」に関しては
石材店様が機能面やお施主様のご意向などを加味した上で
その都度デザインを考えられる場合が最近は多いようです。
なのでそれこそ「多種多様」です。

この「洋型」と「和型」の支持率はと申しますと..
もちろん地域によって差はありますが...
10年ほど前までは「和型派」がほとんどで「洋型派」はほんの少しでした。
でも、ここ数年は「和型派」と「洋型派」が半々の割合までになってきている感じがします。


まったく違う業界ですし選ばれる理由も違いますが..


2009-10-30-1.jpg



2009-10-30-2.jpg


のようにこの調子で今後はもっと「洋型派」の割合が増えていくような気はしております。



まあ..でも...
なんやかんや言いながらも結局のところは
お墓の前に立たれる方の気持ちが一番大切なんだとは思います。


あと..
せっかくの御影石の良さである「重量感」を無くしてしまうような
(極端に大きく石を抉ってしまったり..小さい部品を張り合わせたりするような..)
洋型墓石のデザインを見かけることが時々あり..
少し「ああ..チョットもったいないなぁ」と思ってしまうことがあったりもします。

㈲南印度洋行 服部

テーマ:お仕事日記☆ - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/531-f50c3374
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)