fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

対決!富山ブラック。
おはようございます。

ゴレンジャーごっこではアオレンジャーになりたかったけど
実際にはキレンジャーさせられることの方が多かった服部です。


皆様ご存知でしょうか?

富山ブラックを。

字面からするとなんだかとても悪くて強い感じがします。
たぶん右手とかはロブスターなみの比率のハサミになってるはずです。
きっと手下なんかは全世界の地下に何十万人といるはずです。

さて..

本日はそんな悪くて強い(はずの)「富山ブラック」に..

「元祖」という文字を少し加えてみましょう。

元祖富山ブラック

「元祖」と言うからには
「2代目ブラック」とか「新ブラック」なんてヤツもいるんでしょうか..?

なんだか少し複雑にはなってきましたが..でも..
それでも元祖をつける事によって1年に1回会う程度に親しい親戚のまさる叔父さん位には..
距離が近づいてきた気がします。

そして、本日は日ごろの感謝にお応えして大盤振る舞いです。
そんな「元祖富山ブラック」に..

「ラーメン」という文字を大さじ1杯ほど加えてしまいましょう。

元祖富山ブラックラーメン

ガラっとイメージが変わります。
もうこうなると、こちらからお金を払ってでも近づきたい感じになります。
悪いヤツどころかもう絶対に正義の味方です。

そうです。

ご存知の方も多いと思いますが「富山ブラック」とは富山県で生まれた
濃口醤油を遠慮なしに思いっきり使った黒いスープのご当地ラーメンでございます。

今回はそんな富山ブラックを成敗しにやってまいりましたっ。

元祖「富山ブラック」の店 大喜(西町本店)
20091209-2.jpg


注文したのは..

中華そば小¥700(トッピングの生卵付+¥50)。
20091209-1.jpg


おおっ、本当にしっかり黒いです。

で、「どれどれ、まずはこの黒いスープを一口」と思いましたが..

レンゲがない

「それはそれでまた良し!」とドンブリに口をつけて一口飲むと..。

あっ...

うそ...

え..?

メチャクチャ塩っから!

スープって言うか..ほとんど「あったかい醤油(どこか遠くで鶏ダシの香り)」です。
レンゲが「ない」んでなくてスープは基本飲まない(飲めない?)ので「必要ない」ってことのようです。

今後の展開を考え、少し焦りつつも恐る恐るハシで麺をとりズズズっとすすると..

おおっ...これは...

濃い濃いのスープが太目の麺に絡まって...

なんて言うんでしょう...


しょっぱ過ぎ..。

うーん..これは困った...

そうだ...メンマを...一口..

うんうん..メンマで休憩を...

てか....



メンマしょっぱっ!!

スープ飲んでしょっぱくて..麺すすってしょっぱくて..メンマ噛んでもしょっぱくて
あの...僕はどこに向えばよいのでしょうか?

もうブラックにやられかけてます。ノックダウン寸前です。
なんか..本気で...頭痛とかしてきたし。

そんな時...気付いてしまいました。

あっ...

いました。

いらっしゃいました。

捨てる神あればなんとやらです。
ドンブリの中に僕はオアシスを発見してしまいました。

生卵様
20091209-4.jpg

よしよし、これで一発大逆転でしょう。
まってろブラック!今、一気にやっつけてやるからな。

生卵の黄身をわって...かき混ぜて....麺をすすって

ほら..

ねっ!

でしょ?





ヤッパリしょっぱ!!!
あまりのスープの濃さに卵の存在が見事に抹殺されてしまいました..。

もう、なんだか全てを諦めたくなり..
とりあえず店内に表示してあった「美味しい召し上がり方」の通りに
グチャグチャに具をかき混ぜて口に運びました。

少しずつ噛むようにして。

淀んだ目で..ヤケクソ気味に。

だって、これ以上すするのは辛いし。怖いし。

で、そうやって少しずつおかずをとるようにして食べると..

あっ..確かにこれはこれで結構いけるかも。
(それでもかなりしょっぱいけど。)

実はこの富山ブラック。
元々「ご飯のおかずになるラーメン」ということで作られたそうです。
なのでお店には各自が勝手にご飯を持ち込んでもよいそうです。
(お店のこだわりなのでしょうか..メニューに「ライス」の文字はありません。
もしメニューにのっけたら半ライス1杯¥1000でも注文する人いると思います。)

てか実際の話..店を出た後、どうしても口の中の塩からさがとれなくて..
速攻でコンビニよってオニギリ買って食いましたが
そのオニギリは人生の中でベスト3に入るほどの美味しさに感じました。

次回はブラックへの必殺技「ご飯持参」を身に付けてリベンジ戦に挑みたいと思います。

南印度洋行 服部

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/558-1cca08a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)