fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

マーボー豆腐は飲み物ではない。
先日、ある県のある組合の新年会に参加させていただけることになりまして

昼過ぎには東京を出なければいけなかったのですが...
数日前から高熱とドえらい喉の痛みに襲われており
当日の朝も布団にもぐりこんでウーウー唸っておりました。

どうしても行きたい。
でも体調的に無理。
でも行かないといけない。
でもこのままだと先方に迷惑かけるだけだし。

と堂々巡りなことを考えつづける止まりかけた脳みそが
奇跡的に突然ひねり出してくれたのが..

ニンニク注射
20090112.jpg
(※写真は著者の頭の中のイメージです。実在のニンニク注射とは一切関係がございません。)


ニンニク注射

なんか業界の人とかが体力的に無茶する時にやってるとかいうヤツ...

もしかしてこういう時に使うもの?

使っちゃって一発逆転とかしちゃうもの?

「いやあ、実は今朝まで38.2℃の熱があったんですけどね。ボク。
ニンニク注射。知ってます?あれ、凄いですね。一発で復活ですから!はっはー!」
とか言っちゃう系?

よしよしよし...


ダルダルの体のまま布団の中でニヤけつつうめきつつうめきつつニヤけつつうめきつつ

通りかかった嫁に向かって重たい口をこじ開け呟きました。



「あのね...えっとね...いかなきゃいけないから...ニンニク注射...」



自分の旦那が別の世界にいってしまったかと一瞬ひるむ嫁。

でもどうやらすぐに理解してくれたらしく瀕死の旦那に特に聞き返すこともなく
数分後にはパソコンですぐにニンニク注射をうってもらえる近くの病院をさがして
予約してくれました。

で、予約してもらった川崎駅の美容外科に這うように到着。

もう、こちらとしては頼みの綱は「ニンニク注射」だけなわけで...
新幹線の時間は近づいてるし...体調良くならんし....
なのに担当のお医者様は回数券の説明やらヒアルロン酸がどーだとか
お肌がどーしたとかニンニク外なこと言い始めるし..

最後の力を振り絞り
「あの...とにかく...ニンニク注射...あと30分以内に帰らせてください..」と
血走った目で睨みつつも泣くように訴え..説明を打ち切ってもらい..
とにかく速効でニンニク注射を入れてもらうことになりました。

厳密に言うと今回はニンニク注射ではなくニンニク点滴でした。
なんか注射より量が多く入れられて安全だそうで..

点滴を始めてすぐに口からニンニク臭がしてきます。
おお...この臭い。臭いけどなんか効いてる感じがします。
期待が持てそう..。

これまでニンニク注射の中身ってのはニンニクのエキスをギュッと絞って集めた
濃縮ニンニクジュースだと僕は本気で思っていましたが..
実際「ニンニク注射」に含まれている主な成分は、ビタミンB1やB2などだそうで
このニンニク臭も実はニンニクではなくビタミンB1に含まれる硫黄が原因だそうです。

何はともあれ点滴が終わってすぐに感じたのは
目が覚めた感じがして視界がハッキリしたこと..なんか視野も広くなった感じ。
さすがに直接体に入れるだけあってすごい速効性です。

でも

でもですね

変わらんのです。

肝心なところが..

これっぽっちも。

喉は痛いまま。

体はだるいまま。

喉は痛いまま体もだるいまま眼だけやたらに冴えている。
きちんと具合が悪いのにべつに横にはなりたくない。

風邪引いているのか元気なのか自分でもまったくわからない
異様な状態になってしまったわけです。

...おかげさまで新年会はなんとか乗り切れましたが

風邪は見事にしっかりと悪化しました。




今回分かったこと。




ニンニク注射は風邪薬ではない。




本日もよろしくお願いいたします。

南印度洋行 服部

テーマ:ひとりごと - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/583-7a4efbb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)