fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

必ずあるけどほとんど使えんヤツ
インド人の「庶民の足」の筆頭、オートリクシャー(三輪タクシー)。
20100118-1.jpg


どのオートリクシャーにもきちんと料金メーターは付いております
20100118.jpg

付いてますが...

乗車前にはなぜか必ずドライバーとの「値段交渉」が必要となります

「○○まで行ってほしんだけどいくら?」
なんてセリフから始まり..

「えーと...100ルピーですっ。」
とドライバー..

「5分で着くとこで100ルピーなわけないだろが。10ルピーでいいね?」

「...。じゃあ..スペシャルプライスの50ルピーで。」

「スペシャルも何もこっちは10ルピーで行けるの知ってるんだからさ。
ノーマルプライスで10ルピーでしょ?ね?さっさと諦めてとっとと行きましょっ。」

「......。今日は道が混んでるんで30ルピーで。」

「さっきからアンタの目の前、1台もつまらずに車がびゅんっびゅん走ってるでしょ!」

「......。だんな...お願い。20ルピーで。」

「ダメったら。ダメ!」

「.....。お願い...マイフレンド。」

オー!マイフレンド! ってアンタとは今日会ったばっかでしょ!」


てな感じでこの乗車前の「値段交渉」は外国人にとってはかなり根気のいる作業になりますが..
(だいたい外国人旅行者とみるとふっかけてきます..。)

仕方がありません。

オートリクシャーの料金メーターは基本「あるけど動かないもの」だから。

20100118-2.jpg
(必ずあるけどほぼ動かないメーター。電気のついているヤツを僕はいまだに見たことがありません。)

皆様が周知の「壊れている前提」なので..
「メーターが付いてるんだからメーター使って行け!」と言う野暮な人はいません。

壊れた料金メーターを横目にきちんと値段を決めてから乗車します。

じゃあなんで意味のないモン皆付けてるんだ?
邪魔なだけでしょ?

って話なんですが...

基本的にはメーターの設置が法律で決められているそうです。

壊れてても設置すりゃそれでいいんか?セーフなのか!!
と日本人的にはするどく突っ込みたくなりますが誰もその辺は疑問に思わないようです。

まあ..その辺の放置っぷりもなんとなくインドらしくて良いのかもしれません。

ちなみに最近ではインドのシリコンバレーと名高い最先端都市のバンガロールなどでは
きちんと動く料金メーターを使っているオートリクシャーが走っているようですが..

それはそれでそのメーターが清く正しく動くのかを疑ってしまう僕は
やはり心が少し曲がってしまっているのかもしれません。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

南印度洋行 服部

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/587-94ff2b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)