fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あっ、そうね。京都に行こうかね。
最近こんな本を読みまして..
20100208.jpg


あっ、京都行きたいかも」と思いつき

その翌翌週には京都へ一人旅をしておりました。
20100208-1.jpg

天候は雪が降ったり降らなかったりらじばんだり。

雪降る京都はものすごく寒かったのですが..やはり美しくもありました。
20100208-2.jpg



晩は「知る人ぞ知るお店」と誰でも読める雑誌に書いてあった居酒屋で夕食をとり
(実際ホントにどれも美味かったです。)
20100208-5.jpg


ホテルに帰る途中にあった餃子屋に寄り道して焼餃子とビールのゴールデンペアを
餃子4個に対して生中1杯のゴールデン比率をくずさずに3セットほどいただき..

そうなると自然と勢いがつくわけで1人で先斗町へ
20100208-3.jpg


で、先斗町にある1件のBARに入ったわけですが..
入口に置いてある黒板には「寒い冬にはホットワインはいかがでしょうか?」的なことが書いてあり

フムフム、確かに寒い時にホットワインってのもアリかもな..
でも確か甘いんだよな..オレ、甘いワインあんま好きでないし..

なんてことを酔った頭で考えつつカウンターに座り
ホットワインって甘いんですよね・・?」と
頭の中に合った言葉そのままを目の前の男前なバーテンさんに言うと..





だいたいホットワインは甘いもんです。」
との返事。




.....。

はい、確かにその通り。

ホットワイン⇒甘い⇒だいたいそんなもの。

たぶんそうだと思ってました。

まったく間違っておりません。

でもね

いやいやいやいやっ


会話ってのはキャッチボールじゃないのかい?

「甘いんですよね..?」の一言には

甘いのはなんとなく知ってるけど今日は寒いしあなたと私の
キャッチボール次第ではホットワインてやつを試してみたくないこともない。

という意味が含まれており..

バーカウンターの中にいる「会話のプロ」的な人が何も察知せずに..

「甘いもんです」って..
素人相手にいきなりドスンと豪速球投げてくるかぁ?
それじゃあ手がしびれてボール投げ返せませんって。

まあ..空いた口を塞がないまま..ろくに酒も飲まずに
「結局こんなことをつべこべ考えるオレがおかしいのだろうか..」などと悩みつつ
変な感じで、そのお店を出たわけですが。

でも...考えてみると
仕事の多くをお客様との電話に頼る僕ら自身
気付かずに豪速球や危険球をお客様に投げていないか..
心のない浅い対応をしていないか..ちょっと心配になりました。

京都にはこれからも何度か行くことになるでしょうし
多分そのうちのほとんどで先斗町界隈に足を運ぶのでしょうが
僕は2度とあのBARには行かないんだと思います。

豪速球が怖いので。


本日も皆様からのご連絡をお待ちしております。
20100208-4.jpg
もちろん1つ1つ心を込めて対応させていただきますっ。

㈲南印度洋行 服部


テーマ:日々出来事 - ジャンル:ライフ

この記事に対するコメント
京都面白そう!
確かに豪速球を投げるバーテンダーはバーテン失格だと思う。
やはり一見さんお断りなのでしょうか。
しかし、自分もそういう応対を電話などなどでしてはいないか、心配にもなる。
反面教師なバーですね。

それにしても、「知る人ぞ知る」と誰でも読める雑誌に掲載されている店には、
行ってみたくなりました。
旅に出たい。。。
【2010/02/10 01:33】 URL | hariya shusaku #- [ 編集]


コメントありがとうございます!

先斗町のお店は「誰でもウエルカム」な雰囲気で..
このBARも京都的な「一見さん~」はない感じでした。
人の問題でしょう。

いや~でも良かった。コメントいただいて。
実際「あっ俺、ちょっと細かすぎ?」と若干悩んでたので..。

「知る人ぞ知る」お店の名前は「櫻バー」
地元の方でいつも満席なようで..
当日は無理やり1人分席をあけてもらいましたが基本予約必須みたい。
刺身とレバーのあぶり焼きが美味すぎて笑えました。
【2010/02/10 11:28】 URL | 服部 #- [ 編集]

お前の本気が見たいんだ!
身につまされるお話ありがとうございます。

確かにそういうのありますよね。
一般論や分かりきっていることを当然のように答えるなと。
予定調和された中に感動は生まれない、
その予定調和を崩そうとした決心の回答がそれだと。

営業で若かりし不慣れな内は何が駄目モトかもわからないので
調べて対応しておりました。しかし経験や知識が付き慣れてくると
出来ることと出来ないことがある程度判断がついてしまい、回答が一般論に。
「んなことこっちだって十分にわかってるんだよ!最初からそんな事言うな!!」
とお客さんに激怒されたことを思い出しました・・・・。

BARの本で言えば、こちらがオヌヌメです。
http://www.avanti-web.com/news.html
1よりも2が良かったです。

パソコンだったので長くなりました。
【2010/02/12 12:56】 URL | けまい。 #- [ 編集]

サーフェースな人はいけません
けまい様、毎度ありがとうございます!

何がダメ元かも分からないって分かるなぁ..。
(僕は今だにそんな状態があったりします。)

経験を積んでいけばいくほど..対応が素っ気なくなってしまう。
知らぬ間のマンネリ化。
怖すぎます!

でも、そこで「激怒」してくれた熱いお客様には感謝すべきですね。
普通はそこまで言ってくれないでしょうから。

「お客様は今、自分に何を求めているか?」
常に注視しして仕事をしたいものです。
いくら歳を経ても。

本は知りませんでしたが..TFMの「AVANTI」ときどき聴いてます。
AVANTIの人々のような「大人な人」にいつかはなりたいものです。
【2010/02/12 17:48】 URL | 服部 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/600-2bfd25f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)