fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

南印度洋行 女子部!活動報告~その②~
さて、お待たせしました。前回の続きです。



全員がテーブルへ着くと、司会の方が周り同士で
自己紹介などいかがですか?と提案。

恐る恐る話しかけあうと、どうやら両隣女性。

遠くに男性の声も聞こえる。

全員が(多分)初対面の中、テーブルに何人いるの
かもわからず探り合う。

「よし、点呼取ろう!」
一人の提案で、番号を順番に言い合うとテーブルに
8名いることが判明した。
会場全体では60名ほどいた様子。


そんな事をしている間に、いつの間にか最初のお皿
とワインが置かれていた。
(毎回、気配なさすぎて怖いくらいです)



司会「では皆様、乾杯しましょう」


…え?
どうやって??


恐る恐る各々手を伸ばして「こぼさない」「割らない」
「人にぶつけない」などなど緊張しながら皆で声を
掛け合い乾杯。

だれと乾杯したかわからないけどグラスがぶつかった
瞬間「やった」と妙にテンションがあがります。


全てのお皿、ひとつひとつにストーリーがあって、それを
聞いてから食べ始めます。
そうやってコース料理を食べるのも初めてで、なんだか
とても楽しい。


食べ物も、熱いのか冷たいのか、一体なんなのかわから
ないまま手さぐりで食べます。
(ほとんどの料理は手掴みだったかも)

「これ何?」
「美味しいね」

…食事がいかに視覚に頼っていたのか痛感します…
全然わからない

「テリーヌらしき何かが美味しい」
「芋?さつま芋?」
「インカの目覚めじゃない?」
「ってかそれって何?」

など、徐々にテーブルの人たちとも打ち解けてきます。


「あ、ワイン無い!」
「ほんとだ!片づけられた!」
「私持ってたから片されなかったよ~」
「じゃあ私も持ってようっと!」

見えない分、先入観がないのです。
年もわからないし、どんな仕事をしているのか見当も
つかない状態。

だから、対等になれるんですね。



結局、最後のデザートまでお互いの姿は分からず。

食後もゴーグルを付けたままスタッフに連れられ外に
でます。


ですが…ここまで来たら結構仲良くなってます。
(2時間ちかくお互いを頼りに食事するので)

「外で会おう!」
「目印は?」
「暗号がいいんじゃない?」

そんなこんなで暗号を決め、その場はばいばい。


会場の外へ出ると、その日食べた料理が展示されて
ワインが紹介されていました。
(料理ごとにワインも違うものが出されていました)

kura4

kura5

南印度洋行女子部もここでやっと再会。

お互いの感想をしきりに話していると、各テーブル
の人たちが一緒に戦った?仲間を探しあるいてて。

私たちもそれぞれのお仲間を発見。
イメージ通りだった人もいれば、全然違う方もいて。

最初に顔を合わせていたらこんなにも打ち解けられた
かな?と思えるほど、顔を見てもさっきまでの通りに
皆でお話できました。

名刺交換したりして別の場所での再会を約束。


非日常をすっかり満喫。
帰りに会場からのお土産も頂戴してイベントを後に
しました。
kura6


…見えない状態で飲むお酒は…どれくらいの量なのか
わからない分たくさん飲んでしまうようです。
勝手に継ぎ足されていますしね。

気が付いたらベロベロでした…私


このイベントに興味がある方はコチラをご覧ください。
不定期開催、しかも抽選ですが、楽しいです
ここだけの話…女子結構レベル高しでした
(可愛い子が同じテーブルで嬉しかったオバサンな私)






南印度洋行女子部も部員絶賛募集中

部員条件は
「南印度洋行社員」
「女子」

たったそれだけです

…あれ?????



あ、でも過去に一度市橋Bも参加経験アリ
(トリプルルームでアモイ旅しました…もちろん正部員
ではないのでエキストラベッドです笑)

 
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/663-11677766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)