FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒い石
一般的にお墓で使われる石はマグマが冷えて固まった火成岩からできていることが多く
その中に含まれる石英、長石、黒雲母などの鉱物の割合によって色合いが変わってきます。

火山からドバっと噴出されたマグマの中身と固まり方はその都度違うわけで
当然そうなると石が採掘される場所によってその色は違ってくるってことで..

結局、何を言いたいのかというとお墓に使われる石ってのは
白いのやら灰色やらピンクやら緑っぽいのやら色んなものがあるということ。

で、その中には「黒い石」というのも存在しており
それらは一般的に墓石用石材の中でも高級な石として流通しております。

実はこの「黒い石」ですが..

厳密に「真っ黒」というものは元々日本には存在していなかったそうです。

たぶん日本産の石では福島県の浮金石が一番「黒い」ということになるかと思いますが
それもこんな感じ↓のちょっと青っぽい柄のある石です。
ukigane.jpg
(↑浮金石って、ホント綺麗な石だと思います。)


なので皆様が墓地などでもし「黒い石」のお墓を見かけたことがあるのであれば
それはインドや中国、スウェーデン、ウルグアイ、アフリカなどから
はるばる海を越えてエッチラオッチラやってきた石と言えるわけです。

さらにもっと言えば「黒い石」の中でも
茶色っぽかったり、小さい白点が入ったり、結晶(雲母)がキラッと光っていたり
こだわれば本当に数限りない種類がこざいますが..
その辺はプロの石材店様にお聞きいただければ
鼻の穴をおっぴろげて喜んで詳しく教えてくださると思います。

ちなみに南印度洋行の最近のお勧めの黒い石はM9(もちろんインド産)。

黒ですがチョット白点の入る石です。
M9.jpg


M9の採石場の様子はこんな感じ↓。
DSCN9090.jpg



え..?



はい、そうです。宣伝です。

どうぞよろしくお願いいたします。

㈲南印度洋行 服部

テーマ:ひとりごと - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/694-9af51a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。