fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

近くて遠いタージマハール②
えー...
チョット前に書かしてもらったタージマハールの話の続きです。


タージマハールに使用されている石は白い大理石です。

大理石っていうのは一般的には風雨に強くない(変色、風化しやすい)とされているのですが

実際に僕が現地に行って見てもタージマハールに使われている大理石に関しては
そういった変色がほとんど確認できませんでした。

なんでタージマハールだけが300年以上(1632年着工)も
ほとんど変色せずに無事でいられるのか...?


日本独特のジメっとした気候とは違うインドでは大理石も表面の質を保てるのか?

インドの大理石が少し特別でとてもとても風雨に強い材質なのか?

理由が分からないまま謎が謎のまま4年ほどほったらかしにしておりました。

自分でほっといてなんですが、これはダメです。

実にダメダメです。

居酒屋でたまたま隣のテーブルに座ったオッサンが突然
ねえ君、タージマハールの石がなんで風化しないか私はとても詳しく
知っているんだけれども、君はそのへん知りたくないかね?ねえねえねえ?

とでも話しかけてくれるとでも思っているのでしょうか?

んなもん、自分なりに何とかしなければ一生分からず終いです。

で、今回

インドのことはインド人に聞いてみましょうと言うことで
チャンクマや採石場のオーナー数人に聞いてみました。
(メールってホント便利。)

そして速攻でアチコチから返事は帰って来ました。偉いぞインド人。
僕は「ナゴヤジョーハナニデデキテケツカリマスカー?
とか外国の人に聞かれても一切返事できない自信があります。



タージマハールに使われた大理石は Makarana White Marble と呼ばれるものだそうです。

えー...

なんか読みにくいので以降Makarana White Marbleマカラナホワイト君としますね。

20101007 (3)
(タージマハールの敷地内のどこかで撮った床部分(マカラナホワイト君の姿)。
赤い部分はインド産の砂岩です。)

マカラナホワイト君はタージマハールのあるウッタルプラデーシュ州
の隣のラジャスターン州にあるMakaranaという場所から運ばれてきました。
もちろん300年前にはトラックもフォークリフトもなかったでしょうから
隣の州とは言え大量の石を運ぶのはものすごく大変なことだったでしょう。

その時点で充分偉いぞ凄いぞシャージャハーン!

...に雇われた職人達っ。

で、どうやらそのマカラナホワイト君なんですが..
我々が知っているイタリア産大理石などとはひとあじ違う様なのです。

えー...どこら辺が違うかはまた次の機会に続いてしまいます。


㈲南印度洋行 服部

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

何が違うのですかー(°□°;)まさか!
【2010/10/09 16:13】 URL | けまい。 #- [ 編集]

Re: タイトルなし

何が違うかと申しますと...

マカラナホワイト君は...

実は...

またの機会に書かせてもらいます。

でもたぶんオチのつかない結論になりそうです。ごめんなさい。
【2010/10/12 07:44】 URL | 服部 #SY8Nrl2w [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/768-b0ddf75f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)