fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

中華料理が食べれないインド人が中国にやってきた(前半)
えー...

ワンピースってどうしてこんなに面白いんでしょうか?服部です。



一昨日、中国から戻って参りました。

今回の中国出張はインド人と食事を供にする機会が多かったのですが…

チャンクマのように蛇などの ゲテモノ系 珍しい食べ物まで面白がって食う
インド人もいるにはいますが...それはかなり少数派で...一切合切外国の食べ物を拒否する
印度料理原理主義的保守派インド人がかなりの高確率で存在しております。

で、今回はそんな典型的保守派インド人のバブさん
一緒に食事をする機会が多かったのですが...
Image120110310.jpg
(左、益山と同じ食べ物の趣味のチャンクマ。右、保守派インド人のバブさん。)

バブさんにとっては中国料理は基本的に食べるものではなく写真を撮るためにだけあるもの

丸い回転テーブルの上にのせられたアワビや蝦蛄やエビなどの豪華海鮮料理を
パシャパシャっと一通り撮影した後は箸でツンツンすることさえなく
インドからわざわざもってきたNISSINのカップラーメンを
リュックサックからとり出し「ホットウオーターホットウオター」と
辺りを巻き込んで騒いだ後にそれをズルズルとやりだすわけです。

それでも機嫌よくズルズルしていてくれていればまだ良いのですが
「なんで俺だけカップラーメン…」的、ボクって可哀想でしょオーラ
微妙に出しつつあまり美味しくなさそうにズルズルやるわけです。

そんな食事風景が普通に2日ほど続いたころには僕の心の中には
ひっくり返った卓袱台が30個ほど積まれることになるわけです。

で、そんな面倒な保守派インド人達をとりあえず黙らせられる...
というかそこに連れて行きさえすればとりあえず文句は言われない
レストランがありまして…

それが肯徳基でございます。

え?肯徳基ったら肯徳基です。

あの世界的に有名な肯徳基です。

えー...続きます。

南印度洋行 服部
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/856-54e3fa65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)