fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おもかるさん
先日、京都の伏見稲荷大社へ行きまして...
R0034314.jpg


2回目ですがやはりここの鳥居は凄い迫力
R0034311.jpg


で、鳥居を何百本かくぐって...

その日の朝にお世話になった宿のおかみさんから教えてもらった「おもかるさん(おもかる石)」へ。
R0034296.jpg


願い事を頭に浮かべつつ灯篭の頭(擬宝珠)の部分を持ち上げて
それが自分が予想していたより軽く感じられれば願い事が叶うとか...
Imag2565.jpg
(↑擬宝珠)

はい、はい。
なるほど、なるほど。
では、とっとと持ち上げてしまいましょう。

僕にはどうにも馴染みの深い「石」ですし。

ぶっちゃけ、石の擬宝珠はこれまで何十回と持ったことがありますし。

と言うことでササっとやっつけてしまいましょう。

願いことはもちろん

まあ、そりゃあ...言っても...

ぼかぁ...南印度洋行の社長ですから..



せーのっ


彼女ができますように彼女ができますように彼女ができますように!

ふんっ!


上がったあっ!!
R0034299.jpg
(いや....ホントに悲しいくらい嬉しそうだなぁ。)


なんとなく「重かった」ような気がしないでもないですが
まあ...この際「上がったらOK」にしてしまいましょう。

うんうん、そうしましょう。

うんうんうんOKOK。上がった上がった。良かった良かった。

と自分に言い聞かせつつ...

「でもしかし..チョット重かったよな」とか
「38歳にもなって俺は何をムキになっているのか」とか
「おもかるさんをインドの石で作って売ったらどうだろうか」とか
色々と考えながら...まあ...とにかく山(伏見稲荷は山肌にございます。)を降りたわけです。

宿のおかみさんには鳥居の下を行ったり来たりしているうちに
「おきつねさんが憑く人」もいるという怖いお話も上品な京ことばでサラっとされていたわけですが...

もしかしたら僕のようにおもかるさんのせいで
嬉しいんだか悲しいんだかどうにも分からない変な顔して歩いている人を
誰かが見かけて「あっ、あの人憑いてる!」てなことになったのかもしれんですね。はい。

本日もよろしくお願いいたします。


㈲南印度洋行 服部

テーマ:おこしやす!京都 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/922-b055949b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)