FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

鮒、「小布施見にマラソン」を楽しむ。
7月17日、長野電鉄市役所前駅。AM5時になるかならないか。
R0034373.jpg

小布施行きの臨時電車が走り出します。
R0034374.jpg

シシャモランナーを満載して。

たぶん車内のランナー率は90%以上でほぼ全員そのまま走りだせる恰好。
正直ちょっと異様な光景です。

車内に乱立する見事なシシャモを眺め・・自分のふくらはぎと見比べ・・
いつも通り軽く凹みます。いまだ鮒ですから。

30分ほどで小布施駅に到着。

AM6時前でこの賑わい。シシャモはみんな早起き。
R0034375.jpg


小布施見にマラソン」のスタートは7時。

いつもなら1人でドキドキしながらスタートを待つわけですが・・
今回は地元長野県のHさん、Yさんが一緒。

3人ともペースが違いますので
どうせスタートしたらバラバラになるわけですが

ああ・・1人じゃないって素晴らしい。ドキドキしないって素晴らしい。
とても気分が楽です。っていうかチョット楽しい。

で、ワイワイやってるうちにスタート。

いつものようにマイペースに走り始めたわけですが・・

しかし・・しかし・・

この際、いろんな人に怒られてしまうのを覚悟で開き直って書いてしまいすが
ぼかあ・・走り始めるまで小布施と戸隠は親戚くらいに考えておりまして・・

小布施は高地にあって涼しい。

だから、7月にマラソンなんかできるんでしょ。

と思っていました。

ごめんなさい。

もうもうもう・・ゼンゼン間違い。

小布施・・



暑すぎ!!

まったくノー涼しい。ぜんぜんノー高地。

コースのポイントポイントで気温が表記されてるんですが
普通に32℃とか34℃とか書いてありますから。

暑いつらい暑いつらい暑いつらい

もう走って2キロくらいで心が折れそうです。

ああ・・今日無理かも。

って思った5kmあたりかな・・

長野らしい差し入れの野沢菜が・・ご丁寧にも温かいお茶まで。

うーん・・

今日はもう立ち止まってしまおう。

その場で汗まみれになりつつポリポリやります。
うーん・・非常にうまい。なんか楽しくなってきたぞ。

その後も公式&非公式にあちこちでランナーへの嬉しい差し入れが続きます。

ネクタリン、トウモロコシ、梅干し、オレンジ、塩飴などなど・・
もう開き直って全部しかっり両脚を地面に接地させつつ遠慮なくいただきました。


しかし、本当に「小布施見にマラソン」は楽しい。
なんか地元の方の応援具合も沿道での演奏も(自前の)放水サービスも
とてもとても温かくて走りながらずっとニコニコしてしまいました。

変換 ~ P7170032
(あちこちでパフォーマンスしてくれております。)

で、かなりゆっくりな開き直りのペースで15kmほどいったところで・・

そうそうこれでこれです。僕的には今日のメインイベント。

「小布施ワイナリー」のワインのご提供

ぶっちゃけ「小布施見にマラソンにはワインがある」という噂がなかったら
ぼかあ、今回エントリーしていなかったかもしれませんです。はい。

ワインのボトルの横には「自己責任で注いで飲んでね」的なことが書いてありまして・・

はい、自己責任ですね。了解です。

とりあえず自己責任において白ワインをその場で2杯。
で、さらに1杯分をコップに注ぎ自己責任においてチビチビやりながらコースを走ります。
ほぼ歩くスピードで。

あー・・楽しいなあ。ワインうまいなあ。

でも・・しかしホント

暑いなあ。

と思ってると・・今度はそんな僕の軟弱な気持ちを見透かしたかのように

「ゴールまであともうちょっとだから頑張んなさい。」とでも言うように




アイスが出てきてくれます。
変換 ~ P7170031
(生まれて初めてアイス食べながら走りました。)

今回のゴールタイムはハーフで2時間35分。たぶん今までで一番遅いタイムです。
でも、間違いなくこれまでで一番楽しく走れました。いや、ホント小布施バンザイ。

で、ゴール地点の噴水に突っ込んで汗を流した後・・

R0034379.jpg
(老若男女が一緒に噴水でビショビショになっている姿はなかなか見れませんね。)

駐車場までの帰リ道。

なんかポスターとかで見たことのある緑色のやつ
階段をものすごくゆっくりと上がってこちらに向かってきます。

おお・・・

あれは!

長野名物


アルクマ
R0034381.jpg

興奮したオジサンたちは「写真撮らせてください!」とアルクマ君に突っ込んでいいます。

で、隣の付き添いのお兄さんに半笑いで言われてしまうわけです。
「危ないので階段上がりきるまでまってくださいね」と。
はい、そのとおりです。スミマセン、大人げなかったです。


楽しかったので、また来年も参加させていただきたいと思います。
R0034383.jpg



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/923-6708cae9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)