fc2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

突発的エンデさんの墓参り①
えー・・

ただ今のこちらの時刻はAM3時半。

ホテルの部屋で1人やることもなく
出張先でもないのに会社のブログ書いてますが服部です。



で、時差ボケも直りきらんうちに今日の夕方に帰国するわけなんですが・・




今はミュンヘンにおります
R0035254.jpg


11月に入れば仕事も落ち着くだろうと考え・・
1年ほど前からスケジュールを「プライベート旅行」用として空けていた期間に
単独傷心ミュンヘン旅行をねじ込んだのが6月ごろ。

大変幸せなことなのですが、実は今年は予想以上に忙しい11月になり・・
(お客様ならびに南印度洋行の皆様・・・なんかごめんなさい。)
そんなバタバタな状況だったので、ガイドブックを初めてまともに開いたのは
ミュンヘンに向かう機内の中。

はい、ぶっちゃけ

ソーセージを食べながら
R0035258.jpg
(すでに大小合わせて20本は食べました。)


ビールを飲む。
R0035211.jpg
(とにかくとてもたくさん飲みました。)


それ以外にやることはなーんも決まっておりません。


で、そんな白紙な機内で初めて知ったわけですが・・
ミュンヘンには作家のミヒャエル・エンデさんが眠る墓地があるようでして
そうなると根本的に 貧乏症 仕事熱心 にできている僕としては
たとえエンデさんに関して「ネバーエンディングストーリー絡みの人?」
程度のザックリな知識だったとしても半自動的に
墓がある→見に行かなければ となるわけです。

しつこいようですがこれが 墓を見に行ったらソーセージとビールがなくなる のであれば
光の速さで行かないことに決定されるわけですが

その二つに関してはミュンヘン中心部ならば、いつでもどこにいても
食べたい&飲みたいと思ってから2分後にはアチコチに散らばりまくっている
レストランやバーに入り注文できる素敵なシステムが国をあげて作られておりますので大丈夫です。

で、電車(U5の線)に乗って
R0035292.jpg


バス(56番)に乗り換え
R0035302.jpg


到着しました。
エンデさんの眠る墓地。


Waldfriedhof
R0035382.jpg



なんて書くとすんなり到着したように感じるかもしれませんが・・

とりあえず駅では自動券売機の前で半べそになりながら
握り締めた手の中でコインを暖めつつ湿らせつつ15分ほど佇んでおりましたし

バスは逆方向の56番のやつに20分ほど乗り続けるし

通りがかりのおじ様に拙い英語で道を尋ねると
ダンケとプレッツェルとオリバーカーン位しかドイツ語の分からない僕に
とても親切丁寧に混じりけ無しのドイツ語100%で案内されるし

たぶん、普通のドイツの方の3倍ほど時間をかけて到着したかと。

だってね

Waldfriedhofなんて「ヴァルドフリートホーフ」って読むんですよ。
僕的にはそこは是非とも「ワールドフライドホフ」ていどでお願いしたいわけですよ。実際の話。
そもそも何ですか「ヴ」って。なんでもかんでもウに点々付けすぎなんですよ。ドイツ。

・・・。

もうそろそろ暗い部屋で1人PCの前にいるのも悲しくなってきたので・・この辺で。

続きは恐らくは帰国後に。


服部


PS ドイツはとても良い国です。

テーマ:ドイツ - ジャンル:海外情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://southindia.blog110.fc2.com/tb.php/982-a3505cd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)