FC2ブログ
南印度洋行 社長と社員のつぶやき
仕事に関係ある事ない事、好きな事を好きな時に好きなように書かせて頂きます。
プロフィール

南印度洋行

Author:南印度洋行
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

池上線LOVEな小雑誌
えー..

池上線生まれ浅草線育ち川崎在住の服部です。

昨晩、自宅にこちらが届きました。速達で。

街の手帖 池上線2
変換 ~ DSC02468
(¥250)


東京には池上線という(蒲田⇔五反田)15駅を20分チョットではしりきってしまう
その沿線に住む「昔の人」にとっては緑なイメージのローカル線がございまして...

その池上線にまつわることだけの小雑誌です。

なんとなく愛嬌があり池上線愛にあふれた内容で
昨晩の酒のつまみに楽しく読ませてもらいました。




元池上線ヘビーユーザーとしましては、この「街の手帖 池上線」のことが
以前から気にはなっていたのですが...基本的に池上線沿線の本屋さんにしか売っておらず...

そして実はこの小雑誌の発行人は僕の友人だったりもするのですが
なんとなくわざとらしい気がしてその友人には頼めず....
かといって正直わざわざ池上線沿線まで行って買うほどまでではなく...
どうしたもんかと思っていたらふと気付きまして..

「あっ...節江さん。」

はい、ジャッキー好きのウチの母は今でも現役の池上線沿線住人でした。
で「御嶽山駅か雪谷大塚駅に行った時に「街の手帖」ってヤツ買っといてくんない?」と電話を...

自分にまったく頼みごとをしなくなった息子からの久しぶりのお願いに気合が入ったのでしょうか...
その電話の3日後には川崎の自宅に「街の手帖 池上線」の第2号が届きました。

¥250/冊の雑誌が速達で。

母上様、ありがとうございました。
第1号の方が見つからなかったと言う事ですが
池上線沿線中の本屋さんを捜しまわる必要はありませんので
どうかそのままじっとしているよう切にお願い申し上げます。

服部
ありがとうジャッキー
大きくなったらジャッキーチェンになる

と物心がつくかつかないかのころには決めていたわけですが

小学生になるかならないかのころ..
(ちょうど「キャノンボール」の公開あたりでしょうか)
「あっ、ジャッキーはちょっと無理なのかも」とすぐに気付き
「よし、じゃあムツゴロウ(畑)さんになろう」と
思い直しまして今にいたりますが服部です。


木人拳 酔拳 天中拳に笑拳
キャノンボールにバトルクリークブロー
プロジェクトA スパルタンX 五福星 香港国際警察などなど...

その当時の僕の全身全霊を傾けて見ていた
ジャッキー映画は山盛りにございまして..
本当にお世話になっておりましたが...

たぶん「プロジェクA2」が最後だったかと思います
中学生になり、少しジャッキーとの距離を感じはじめ
その後20年以上はご無沙汰しておりました。

で、先日。
TVを見ていたらその恩人のジャッキー様が本格アクションから引退されると。
その最後の本格アクション映画が公開されていると。

思ったのが

これは今までのお礼に行かなければいけない


で、ライジングドラゴン 見てきました。
jyakki-.jpg


結果的にというか内容的には僕とジャッキーとの距離は
残念ながらより離れてしまった感じはしましたが..
普段、映画館に行ってもなかなか感じることのできない
なんともノスタルジックな気持にさせていただきました

で、館内はと言いますとそれはもう見事にR40な状況。
お孫さん連れのおじい様も数名おりました。

ちなみに同世代の友人にジャッキーがもう派手なアクションやらない(できない?)らしく
お礼の意味もかねて映画館に挨拶に行ったことを話すと...

みなワリと真剣な顔で(映画の内容も聞かずに)「それは行くべきだ」と言っておりました。

そして久しぶりに帰った実家で70を過ぎた母にやはりジャッキー様のことを話そうとしたら
「ねえねえ、この間ジャッキーチェンの映画見てきたの!」と先に言われました。


ジャッキーは偉大です。


服部
頸椎ヘルニア ≧ 腰痛
えー...

おはようございます。
相変わらず 頸椎ヘルニア中 ですが服部です。

頸椎ヘルニアになって良かった事が1つだけありまして..

それが...

腰痛が気にならなくなった。 こと。



で、今朝まで読んでいたこの↓本。
R0048859.jpg
(全国の腰痛LOVEな方は必読。)


自分の状況が状況だけに笑いつつも真剣に読みましたが...
この本にも書いてありました。

人間の脳は同時に複数の痛みを感じない...らしいです。

どうりで頸椎ヘルニアが出てきて腰痛が引っこんだわけです。

ということは...

僕の頸椎ヘルニアがいよいよ悪化した際には..
近くの電信柱に自分の頭を打ちつければ良いという事が分かって少し安心しました。
良かった良かった。


今週も宜しくお願い致します。


服部
NHK大河ドラマ『八重の桜』コラボ
昨日は福島県会津にて会津石材商業組合様の懇親会に参加させていただきました。

会津地域ではNHK大河ドラマ『新撰組』以来の盛り上がりで大々的な観光PRしております。

綾瀬はるかさんのポスターが多分どこでもお目にかかれる状態です。
八重の桜01

綺麗に写真が撮れなかったのでもう一枚。
八重の桜02

懇親会の時に喰いついてしまったものは、アサヒビールの小瓶
そしてアサヒビールとのタイアップの力の入れ方を感じ写真を一枚撮りました。
ハンサムウーマンAsahi Beer

NHK大河ドラマパワーで、原発の放射能の風評被害で冷え込んだ町の観光を
復活させて頂きたいです。


(有)南印度洋行 市橋B

テーマ:お仕事 - ジャンル:就職・お仕事

日本の弓術
注文していた「日本の弓術」が自宅に届きました。
DSC01428.jpg


スーパー読書家のK社長からお勧めいただいた本です。
どなたかに会った際に直接自分にお勧めいただいた本は
どの小説だろうが漫画だろうが啓発本だろうが、とにかく読むようにはしているのですが...

このK社長の勧めてくれる本は..本当に外れがない...というか面白い。

どうやらその時の会話の中から
僕に合うであろう本を思いついてお勧めしてくれているようなのですが...
簡潔かつ少し思わせぶりに話されるその本の説明がまたお上手でして...
とても「読む気」にさせてくれます。

あるドイツ人が日本の弓道を通して理解したことが書いてあるんですが..
弓のお師匠から説かれた [的はそこあると思わずに矢が弓から離れるのを待て]
という言葉から...。 ....。まあ.........その先は実際に読んでみてください。


てな感じに。


本をよく読む人はやはり言葉を使うのが上手なんだなと毎回感じております。


今週もよろしくお願い致します。

服部
機内で号泣。
昨日、中国から帰国しましたが服部でございます。

ANA便の機内で見た映画

おおかみこどもの雨と雪」ですが..
OOKAMIKODOMO.jpg



人目もはばからずアホほど泣きました。

偏見かもしれませんが..いやあ、アニメでも泣けるんですね。驚きました。

ちなみにこの映画が素晴らしいと教えてくれたのは
ウチの佐藤でして...彼もやはりANA便の機内で号泣したようです。

是非、機会があれば皆様も泣いてください。


服部
初キン
えー..

おはようございます。

本日は東京におりますが服部です。

色々と騒がれております..その黒船にとりあえずそのっかってみようかと..
初キンドルしてみました


マイiPadに入ります初キンものは...


これ。


ジョジョ(の6部)。
R0038423.jpg
(魔少年ビーティーからのファンっす。)

5部が終わった時点でなんとか読むのを止められ...
僕の中では無理やり「ジョジョは完結」ということにしてたんですが..
たしか今は8部までいってるんでしたっけ。

キンドル様のおかげさまでジョジョ熱がリスタートしてしまった。

いやあ...危険だ。

電子書籍の...特に漫画。

続き読みたきゃポチっとするだけもんなあ。

時間もお金もスルスルっと流れていく。


ということで(どういうことで?)本日もスルスルっとよろしくお願い致します。


南印度洋行 服部
別離
おはようございます。

ゴールデンも後半...
皆様いかがお過ごしでしょうか?服部です。

今日は半日ほど「電話番でも」と思い、事務所に出てきたのですが

いやあ...

見事に電話が鳴りません



日本は別として..以前ならば
「はっ?ゴールデンウイーク?それっていくら?ヤッパ高いんか?」てな感じで
せっせと働かれている中国方面の関係各社様からの連絡が次々に入り
毎年この時期でもなにかと対応する必要があったわけですが...

ここ数年で中国側もしっかり
黄金周(中国の方のGWです。日程も日本と似通った感じ)をとるようになりまして...

繰り返しになりますが

いやあ...見事に電話が鳴りません。

私自身も開き直って一昨日、昨日と休んでおりまして...
多摩川を走ったり、スパイスを混ぜたり..
とゴールデンでなくてもできるようなことを色々として遊んでおりましたが...



昨日はこんな映画を...

アチコチで賞をとったようなので、ご存知の方も多いかと思いますが...

別離
uihefau.jpg


イランの映画です。



仏式の葬式を行い、初詣には神社に賽銭を投げに行き、
時には人生かけでクリスマスに臨む日本人の典型である僕には

正直、映画の舞台となるイスラム教社会のことはなかなか理解しがたく...

ああっ~もうっ、こいつら面度クセ~!

と映画を見ながら何度も思いましたが...
逆にそう思えるほど、いつの間にかドラマに引き込まれていたのだと思います。

多くの日本人には理解し難い...
宗教に寄り添った生活の中で

恐らくは世界共通で日常に隠れているであろう...
1つの嘘が取り返しのつかないものになっていく怖さ。

なんか、久しぶりに迫力というか圧力を加えられる映画を見た感じがします。

機会があれば皆様も是非。


服部

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画